top_line

気持ちいい!サクサク進む爽快パズルゲーム
「ガーデンテイルズ」はここからプレイ!

近藤真彦「日々落ちていく恐怖感との戦い」/テリー伊藤対談(2)

アサ芸プラス

テリー その後、「スニーカーぶる〜す」で歌手デビューして大ヒットしますよね。歌手デビューっていうのはどうだったんですか。

近藤 その半年前に田原君がデビューして、「次はお前だぞ」って言われてたので何となく心の準備はできていて。筒美京平先生にボイストレーニングしてもらったり、歌の練習をさせてもらってからのデビューだったので。それでも中途半端なデビューでしたね。

テリー あ、そう? でも、最高の曲だよね。

近藤 そうですね。すごくいい曲に恵まれて。何かアイドルの曲っていう感じじゃなかったんですよね。

テリー せつないんですよ。だって「青春知らず」なんて言葉ないじゃないですか。俺、すごいなと思って。

広告の後にも続きます

近藤 ギターの進行もマイナーなんですよ。

テリー そうそう。トシちゃんの明るい曲とはまた全然違うじゃないですか。大人が聞いても、ちょっとジーンとくるような。

近藤 だから今もコンサートでこの曲を歌う時、最初のギターがジャカジャーンって鳴ると、みんなワーッとなりますよね。

テリー 泣くよね。でね、この曲を皮切りにどんどん曲がヒットして、トップアイドルになっていくじゃないですか。それって、どういうことなの?

近藤 どういうことなんですかね。日々落ちていく恐怖感との戦いみたいな。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル