top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

女性レポーターに袋叩きにされた渡辺謙「ニューヨーク手つなぎ不倫」/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史

アサ芸プラス

 基本的に、スキャンダル発覚後に開かれる記者会見というのは、釈明の場である。したがって、たいがいはその多くに「全くの事実無根です」、あるいは「この部分は認めますが、ここは全然違っています」といった、否定の言葉が出てくることが常だ。

 ところがテレビカメラ16台、報道陣120人を前にした記者会見で、のっけから「記事に関してはおおむね事実です」「記事が出てすぐにお詫びすべきでした」「隙だらけなんでしょうね」「こんな男ですが、もう一度自分を見つめ直して前に進んでいきたい」と、恐ろしいほどの低姿勢で不倫の事実を認め、平身低頭で再起を誓った男がいる。「世界のケン・ワタナベ」こと渡辺謙だった。2017年7月15日のことである。

 当時、渡辺は南果歩と婚姻関係にあったが、2017年4月、ニューヨークのセントラルパークでの、21歳年下の日本人女性との手繋ぎデートをスッパ抜かれ、これが原因で南と別居。沈黙が続く中、3カ月後のこの日、東京・品川で記者会見に臨むことになったのである。

広告の後にも続きます

「(女性とは)話し合いをして、関係は解消しました」

 と説明する渡辺。だが、南の乳ガン闘病中のスキャンダル発覚に、

「何よりも妻に本当に苦しい、悲しい思いさせてしまった。きちんと謝罪して、コトがコトなので、少し時間をかけながらゆっくりと今、軌道修正しているところでございます」

 神妙な面持ちで頭を下げるのだった。

 ただ、本人も言うように「コトがコト」である。とりわけ女性にとっては許しがたい裏切りということもあってか、渡辺を最前列で囲む女性記者や女性レポーターたちの質問は、まるで南の心情を代弁しているのかのような、極めて厳しいものに終始した。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル