top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

高嶋政伸が妻・美元を「恐怖の対象でしかない」と証言した離婚裁判「ドロ沼の極致」/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史

アサ芸プラス

「おしどり夫婦」と言われた高島忠夫・寿美花代夫妻の三男・高嶋政伸はかねてから、スキャンダルからほど遠い存在とされてきた。そんな「好感度俳優」に、元準ミスユニバース日本代表である妻・美元とのスキャンダルが勃発したのは、2011年夏のことだった。

 2人は2007年のドラマ共演で知り合い、翌年、交際スタートからわずか6日後に高嶋が電話でプロポーズ。同年8月末に永田町の日枝神社で挙式後、帝国ホテルで盛大な披露宴を行ったが、すぐに価値観の違いが露見する。

 すったもんだの末、2010年8月には高嶋が恵比寿の高級賃貸マンションを出て、夫婦は別居。その後、高嶋が離婚調停の申し立てを行うも不成立に終わったことで、2011年3月、高嶋が東京家庭裁判所に提訴したのである。

 6月1日、法廷に姿を見せた2人は、高嶋が黒いスーツ姿で、美元は黒いジャケットに膝丈スカートだった。裁判は原告・高嶋の本人尋問からスタートしたが、次のように不満をブチまける。

「マンションの家賃、光熱費、外食費、私が料理を作る時も100%、私が出していた」

広告の後にも続きます

「結婚後、機嫌がよかったのは10日だけ。自分の思い通りにならないと、手が付けられなくなります」

「怒りのスイッチを押さないように、いつもビクビクして生活していた」

 そんな毎日のストレスから不眠や頭痛を訴えるようになった、と心情を吐露したのだった。しかし、5分間の休憩をはさんで始まった尋問で、美元は高嶋の発言に真っ向から反論する。

「(お金を)もらったこともありません。(高嶋名義の)のカードも持っていませんでした」

 そして高嶋の愛情が綴られた手紙や、酒に酔って暴力を振るわれたとする際の音声データなどを、証拠品として提出。裁判を傍聴した司法記者が言う。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル