top_line

気持ちいい!サクサク進む爽快パズルゲーム
「ガーデンテイルズ」はここからプレイ!

大谷翔平 約2200万をスタッフに贈呈、スーツの場であえて私服を…止まらぬ“聖人伝説”

女性自身

大谷翔平 約2200万をスタッフに贈呈、スーツの場であえて私服を…止まらぬ“聖人伝説”(C)女性自身

「彼のやることは全てが特別で、完璧に考え抜かれている。普通の人で、このレベルまで到達して、何よりもチームが強くなることに貢献したいと思って『私にお金は必要ない』と誰が言うだろうか。そんな人はいない。これこそ他を思いやる心、純粋な気持ちの典型だ」

 

大谷翔平選手(29)の代理人であるネズ・バレロ氏は2023年12月12日(日本時間13日)、米国メディアのインタビューに応じて、大谷をそう評した。

 

その前日はロサンゼルス・ドジャースが、大谷翔平選手(29)との10年契約を正式公表した日。ロサンゼルス・エンゼルスからFAとなって以来、10年で7億ドル(約1015億円超)という、メジャー史上最高の契約額に驚きの声が集まっていた。その後、さらに私たちを驚かせた発表が。大谷から「チームがより強くなるため」と提案があり、契約額の97%を、契約満了後の10年間に無利子で受け取ることになったというのだ。本来の契約なら7000万ドル(約101億5000万円)の年棒が、200万ドル(約2億9000万円)に。これにより、球団側はぜいたく税を軽減でき、チームのために資金を使うことができる。

広告の後にも続きます

 

自分よりも周りの人々を思いやる、“聖人すぎる”大谷の行動は、今に始まったことではない。

 

「’21年には、ホームランダービーで獲得した賞金15万ドル(約2200万円)を球団スタッフ約30人に全額贈呈していました。MLBの選手会投票で『プレーヤーズチョイス賞』になったときも、闘病中の子どもたちを支援する団体に賞金を寄付したといいます。

 

’23年11月には日本のすべての小学校にジュニア用グローブ計6万個を寄贈すると発表し、大きな話題に。各校に1つ、左利き用を入れる気遣いも流石でした。母校の花巻東高校には、過去に練習用Tシャツ100枚、打撃練習用の投球マシンなどをプレゼント。移動用の大型バスを寄贈したという噂もあります」(スポーツ紙記者)

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル