top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

大谷翔平 約2200万をスタッフに贈呈、スーツの場であえて私服を…止まらぬ“聖人伝説”

女性自身

大谷翔平 約2200万をスタッフに贈呈、スーツの場であえて私服を…止まらぬ“聖人伝説”(C)女性自身

 

ゴミ拾いなど、球場で見せる紳士的なふるまいも有名だ。

 

「打席直前、ネクストバッターズサークルにいるときであっても、子どもたちから呼ばれれば駆け寄り、サインを書いてあげていたそうです。

 

広告の後にも続きます

敵チームの選手にも平等に接します。レッドソックス戦では、大谷選手がスライディングで二塁に滑り込んだとき、ベースカバーに入ったレッドソックス二塁手のアローヨ選手に砂がかかってしまったよう。大谷は敵チームにもかかわらず、それを手で払ってあげたというのです」(前出・スポーツ紙記者)

 

WBCに日本代表として出演したラーズ・ヌートバー選手(26)との秘話も記憶に新しい。大谷選手は日本語がほとんど話せない彼に寄り添い、仲を深めた。WBC決勝後には、自身が身に着けていた高級時計を突然プレゼント。WBCの日本代表監督を務めた栗山英樹前監督(62)によると、こんな温かい心配りも。

 

《移動中はスーツを着用しますが、翔平は私服でした。ヌートバーの移動用スーツが間に合っていなかったので、翔平もスーツではなく私服を選んだのです。「たっちゃん」をチームに溶け込ませるための、彼なりの心配りでした。ヌートバーを独りぼっちにしなかった翔平の行動は、心温まるものでした(後略)》(「東洋経済オンライン」、’23年7月19日配信)

 

ドジャースでも、大谷選手の聖人伝説は更新され続けることだろう――。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル