top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

滝沢秀明、ジャニー社長の誕生日会を仕切るもケーキが入らず 

SmartFLASH

 山下智久は「動きがプロすぎて、どこの業者の人かな?」と見間違うほどだったと証言。嵐の松本潤も「嵐、到着しました。中入ります」と言われたと明かした。さらにKis-My-Ft2の北山宏光は仕入れ担当を任され、飲み物の数などを計算するが、滝沢が「これだけの人数だと○○が足りないから、こっちを削って」などダメ出しされた思い出を告白。

 

 自分たちで企画した理由を、滝沢は「ジャニーさんはシャイでスタッフには気を使ってしまうから。タレントだけだとリラックスする」と真相を明かす。中居正広も誕生日会に参加したことがあり、滝沢は「一番はしゃいでました。テレビ並みのMCで」と意外な一面を告白。だが、唯一の失敗として「ケーキが大きすぎて会場に入らなかった」という。

 

 ジャニーズ事務所の入所オーディションの審査員も務めるなど、「小さなジャニーさん」の異名を持つ滝沢。『週刊新潮』2018年10月4日号掲載の滝沢のインタビューでは、こう語気を強めた。

広告の後にも続きます

 

「僕はやっぱり……ジャニーズが好きなんですよ。本当に。ジャニーズが好きで、もっと良くしたい。そして、ジャニーさんが思い描いているものを形にしたいという思いが強かった」

 

 13歳でジャニーズ事務所に入り、タッキー&翼でCDデビュー。22歳でNHK大河ドラマ『義経』で当時史上最年少の主役を務めるなど、活躍したタッキー。

 

 今後は、ジャニー喜多川社長の下でジャニーズJr.の育成やプロデュースに専念する。すでにSixTONESの『JAPONICA STYLE』のMVプロデュースを手がけた。不退転の決意で裏方に回る滝沢が、ジャニーズにどんな新風を吹き込むのか期待したい。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング

ジャンル