【特集】「西郷どん」インタビュー アクセスランキングベスト10 個性派とレギュラー陣がバランスよく人気に。
【特集】「西郷どん」インタビュー アクセスランキングベスト10 個性派とレギュラー陣がバランスよく人気に。
12月16日に全47回の放送を終えたNHKの大河ドラマ「西郷どん」。当サイトでは1年にわたって出演者のインタビューを掲載してきたが、その総決算として、各記事のPVベストテンを集計してみた。これを参考…

 12月16日に全47回の放送を終えたNHKの大河ドラマ「西郷どん」。当サイトでは1年にわたって出演者のインタビューを掲載してきたが、その総決算として、各記事のPVベストテンを集計してみた。これを参考に、西郷隆盛の激動の生涯を描いた物語を振り返っていただければ幸いである。

1.「鈴木(亮平)さんが本当の兄妹のような雰囲気を作ってくれたので、毎日楽しかったです」桜庭ななみ(市来琴)
 西郷隆盛を最も近い距離で見守り、時には苦言を呈するなど、家族という立場でその生涯を支えた妹・琴。演じた桜庭ななみがクランクアップ直後、1年にわたる撮影を振り返ってくれた。

2.「篤姫役の北川景子さんがとてもかれんなので、張り切って演じています(笑)」幾島(南野陽子)
 「控え~よ!」の決めぜりふも印象的だった南野陽子。「武田信玄」(88)以来の大河ドラマ出演ながら、その間に積み上げた経験を生かして、見事な存在感を示した。

3.「精忠組は他の俳優がうらやましがるぐらい、いい雰囲気でした」増田修一朗(有馬新七)
 西郷隆盛や大久保利通ら、幼なじみの仲間に大きな衝撃を与えた「寺田屋騒動」。その当事者となった有馬新七役に込めた深い思いを語ってくれた。

4.「西郷さんと月照は、夫婦のような関係だったのかもしれません」尾上菊之助(月照)
 西郷隆盛の人生において、最初の島流しのきっかけとなった入水事件。このとき、共に入水した月照を、歌舞伎役者らしいしなやかさで優雅に演じてくれた。

5.「僕の先祖も、西郷さんと一緒に西南戦争に従軍しました」田上晃吉(中原尚雄)
 1年にわたるドラマを、「薩摩ことば指導」として迫田孝也と共に支えた田上晃吉。念願かなっての出演となった第45回に合わせ、作品に対する熱い思いを聞いた。

6.「島での幸せな生活と過酷な体験は、皆さんが知る“西郷隆盛”に変わっていくために必要な期間」鈴木亮平(西郷吉之助)2
 西郷隆盛の人生において、大きな転…

(更新日:2019年1月4日)

Series シリーズ

Pick up ピックアップ

人気キーワード

Category カテゴリー

HOME