top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

掛布雅之も「ビックリした」巨人がオイシイ阪神からの馬場皐輔「レア移籍」

アサ芸プラス

 先ごろ行われたプロ野球現役ドラフトで、阪神はオリックスから漆原大晟投手を獲得。漆原は新潟医療福祉大から2018年育成ドラフト1位で入団し、今季がプロ5年目の右腕。最速152キロの直球と落差のあるフォークが武器で、通算72試合に登板し、今季は16試合で0勝0敗、防御率3.14をマークした。

 一方、阪神からは馬場皐輔投手が巨人に移籍。馬場は17年ドラフト1位で阪神に入団。プロ入り3年目の20年からリリーフとして頭角を表し、同年は32登板、防御率2.08。21年は自己最多44試合に登板した。今季は19登板で2勝1敗3ホールド、防御率2.45、22奪三振をマークしていた。

 この2人について2023年12月9日放送の「グッジョブ!」(MBSテレビ)に出演した阪神OBの掛布雅之氏が印象を語っている。

 漆原についてはマスコミからの情報として、150キロのストレートと縦に落ちる結構落差のあるフォークを投げられると聞いていることら「これは十分中継ぎとして戦力になるとピッチャーだと思います」と太鼓判。

 さらに巨人入りした馬場についてはこう述べていた。

広告の後にも続きます

「びっくりしたのが馬場なんですよね。阪神の場合は層の厚さがありましたからね。どうしても登板回数が少なくなりました。特徴はスライダーなんですけど、切れさえ良ければ巨人というチームでは登板数が増えると思います。馬場にとっていい現役ドラフトにしてほしい」

 阪神から巨人への移籍と言えば、「空白の一日」で有名な江川卓氏が思い浮かぶが、なかなかのレアケース。馬場には爪痕を残して欲しいものだ。

(鈴木十朗)

 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル