top_line

インストール不要ですぐ遊べる!
無料ゲームはここからプレイ

「盲点でした」「これはいい」 老舗文房具店が教える付箋の意外な使い方

grape [グレイプ]

「手帳に書いておいた予定の日時や時間が変更になってしまった」という時、どうしていますか。

書き込んだ予定を消して書き直して、を繰り返すと、ぐちゃぐちゃになってしまいます。だからといって「まだ確定した予定じゃないから」と書かずにいると、そのまま忘れてしまうことも。

そんな失敗を防いでくれるのが「付箋」です。

手帳のイライラや失敗をなくしたい!

付箋活用術を教えてくれるのは、創業1926年老舗文具店の和気文具(wakibungu)です。

和気文具さんの投稿で紹介している付箋は、カンミ堂の「PENtoNE(ペントネ)」。

広告の後にも続きます

ロールタイプの付箋がペンサイズのケースに内蔵されているので、持ち運びに便利です。両端にノリが付いていないので、しっかりと貼り付けられるうえに、めくりやすいという特長があります。

付箋をおすすめする理由

手帳管理に付箋がおすすめの理由は、まず「貼り直しができる」ということです。

未確定の予定でもとりあえず付箋に書いて貼っておけば、変更になったとしても剥がしたり移動したりできます。

また仕事やプライベート、習い事などの予定をそれぞれ付箋の色で分けると、一目で把握できます。付箋の長さや幅などを変えると、予定の重要度を表現することもできます。

手帳にTo Doリストを書く時にも付箋は活躍します。

To Doリストは、「やること」「買うもの」「準備すること」など、忘れないようにリストアップしておくメモです。1つひとつ付箋に書いておいて完了した項目から剥がしていけば、残りのやるべきことがすぐに分かります。

付箋を使った手帳のスケジュール管理テクを紹介しました。ごちゃごちゃしていた手帳が一気に見やすくなるので、今日からでもさっそく始めてみましょう。

カラーやデザインのラインナップも豊富なので、ぜひチェックしてみてください。

※画像は複数あります。左右にスライドしてご確認ください。


[文・構成/grape編集部]

出典 wakibungu
 
   

ランキング(くらし)

ジャンル