top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

阪神・森下は3番として「アレ」に貢献、巨人・浅野、DeNA・松尾ら高卒新人も健闘【ドラフト1位選手通信簿:セ・リーグ】<SLUGGER>

THE DIGEST

阪神・森下は3番として「アレ」に貢献、巨人・浅野、DeNA・松尾ら高卒新人も健闘【ドラフト1位選手通信簿:セ・リーグ】<SLUGGER>(C)THE DIGEST
2022年のドラフト1位で指名され、大きな期待とともにプロの世界へ飛び込んだ12人の選手たち。彼らはどのようなルーキーイヤーを過ごしたのか。通信簿形式で振り返ってみよう。今回はセ・リーグの6人を紹介する。

【関連記事】スライダーが武器の変則救援左腕、二軍で“無双”している内野のユーティリティ…「第2回現役ドラフトで最も期待できる3人」<SLUGGER>

※通信簿は「よくできました」「まずまずです」「可もなく不可もなく」「がんばりましょう」の4段階

【阪神】
森下翔太(外野手)
評価:よくできました

中央大のスラッガーは巨人に入った浅野翔吾(高松商→巨人)の外れ1位だったが、少なくとも1年目は外れて正解だった。オープン戦で3本塁打を放ち、開幕戦では6番で起用されるも、調子が上がらず2度二軍落ち。だが、バットを垂直に構える新フォームを採り入れ、7月以降は68試合で打率.257ながら10本塁打、34打点。後半戦は3番に定着し、プロ初アーチの日を含めて1-0で勝利した試合で3度の決勝打と、ここ一番の働きも目立った。日本シリーズでも7打点はチームトップで、優秀選手賞を受賞。来季は20本塁打以上を目指したい。

【DeNA】
松尾汐恩(捕手)
評価:まずまずです

大阪桐蔭高では高校ナンバーワン捕手として高く評価され、単独指名で入団。プロ1年目は二軍で正捕手として68試合にマスクをかぶり、打率.277はイースタン・リーグ5位。95安打は3位、51打点も6位とトップクラスの打撃成績を残した。特筆すべきは9月6日のヤクルト戦で達成したサイクルヒット。史上12人目、捕手としては初めての快挙とあって、閉幕後にはリーグ特別表彰を受けた。守備面でも3割近い盗塁阻止率を記録。じっくり育てる球団方針もあって一軍公式戦での出場こそなかったが、高卒捕手としては破格の成績であり、合格点をつけられる。【広島】
斉藤優汰(投手)
評価:可もなく不可もなく

苫小牧中央高では素質は高く評価されていたが、全国的な知名度はそれほどでもなく、カープが事前に1位指名を公表したのは意外な感もあった。1年目は体作りがメインで、ウエスタン・リーグでも5試合に投げただけ、一軍登板はもちろんゼロ。ただし、最後の2試合では5回無失点、7回2失点と好投し、順調な成長ぶりを窺わせた。11月の日本代表との練習試合でも2回をパーフェクト。最速152キロを計時し、佐藤輝明(阪神)から三振も奪った。契約更改の席上で「充実したシーズンだった」と述べており、球団としてもプラン通りのルーキーイヤーだったはずだ。【巨人】
浅野翔吾(外野手)
評価:まずまずです

高松商では昨年夏の甲子園で3本塁打と大活躍。阪神との抽選に勝って獲得すると、二軍では77試合で打率.262、チーム3位の7本塁打、27打点。一軍でも8月18日の広島戦で初本塁打、高卒1年目でホームランを打ったのは岡本和真以来で、球団史上7人目だった。24試合で40打数10安打と、高卒新人とはしては十分な成績。今後の課題は41打席で1四球のみだった選球眼を磨くことか。フェニックス・リーグ期間中に腰のヘルニアで離脱したのは気になるけれども、体調さえ問題なければ、来季のレギュラー争いに食い込んでくる可能性もありそうだ。

【ヤクルト】
吉村貢司郎(投手)
評価:可もなく不可もなく

社会人ナンバーワン投手との触れ込みで、東芝から鳴り物入りで入団。オープン戦でも17イニングで1失点と好投、開幕後も阪神相手に2勝を挙げるなど当初は順調だったが、5月下旬に二軍落ち。上半身のコンディション不良で2ヵ月近く実戦登板から遠ざかり、一軍に戻ってきたのは9月になってからだった。最後の2試合は広島とDeNA相手に勝利を収め、今季の4勝はすべてAクラス相手。投球内容もそれほど悪くはなかったが、本拠の神宮で34.2回を投げ8本塁打を打たれた点などが課題で、期待度の高さを考えると評価は厳しめになる。
 【中日】
仲地礼亜(投手)
評価:可もなく不可もなく

沖縄の大学から初のドラフト指名、それも1位とあって話題になったが、全国大会での実績には乏しく、即戦力になれるかどうかは疑問もあった。5月13日の一軍デビュー戦では脇腹を痛めてしまい、1イニング投げただけで降板。一軍に戻ってきた7月26日のDeNA戦では6回1安打無失点の快投で初勝利を挙げた。9月8日の巨人戦でも7回を無失点に封じるなど、嵌った時にはいい投球を見せた一方で、43.1回で25四球を与えたコントロールの悪さが響き、防御率は5点台近かった。契約更改でもダウン提示で、先輩の福谷浩司から同情されていた。

文●出野哲也

【著者プロフィール】
いでの・てつや。1970年生まれ。『スラッガー』で「ダークサイドMLB――“裏歴史の主人公たち”」を連載中。NBA専門誌『ダンクシュート』にも寄稿。著書に『メジャー・リーグ球団史』『プロ野球ドラフト総検証1965-』(いずれも言視舎)。

【関連記事】第1回は細川、大竹がブレイクを果たすも6人が戦力外…FA補償と同じプロテクト方式で現役ドラフトのさらなる活性化を図るべき<SLUGGER>

【関連記事】セ・リーグで最もMVPに「ふさわしい」のは一体誰か。近本、大山らを差し置いて村上を推す理由<SLUGGER>【関連記事】41人が権利を取得しても行使は7人のみ…MLBと同じ「自動FA制」導入で球界のさらなる活性化を<SLUGGER>
 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル