top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

わかっていても号泣!「下剋上球児」第9話アツすぎる展開にSNS沸く

シネマトゥデイ

代打・犬塚の登場には思わずキターーーッ! – (C)TBSスパークル/TBS 撮影:ENO

 鈴木亮平が主演を務めるTBS日曜劇場「下剋上球児」(毎週日曜よる9:00~9:54)の第9話が10日に放送され、後半のドラマチック過ぎる展開に「わかってても泣ける」「何度観ても泣ける…」と盛り上がりを見せた。(※以下、一部ネタバレを含みます)

 根室(兵頭功海)が先発で始まった運命の準決勝。試合開始直前に山住(黒木華)が病院に運ばれるハプニングが起きたことで動揺がぬぐい切れないまま、賀門(松平健)率いる強豪・星葉高校相手にミスを連発してしまう越山。だが、“鬼の南雲”の見事な頭脳プレーで盛り返した部員たちは勝ち越し、ついにエース・ピッチャーを引きずり出すことに成功する。しかし、楡(生田俊平)と久我原(橘優輝)が守備で衝突してしまったことで逆転を許してしまう。そして迎えた9回裏。2アウトから2人が出塁したところで、代打としてエースの翔(中沢元紀)が送り込まれ、サヨナラ勝ちという展開となった。

 この劇的すぎる展開に、「ラスト分かっていても白熱の試合に拳ずっと握ってた…」「ドラマで号泣したの、何年ぶりだろう」「最終回かと思うぐらいボロ泣きしてる」「朝になってもまだ泣ける」と感動のコメントが続出。また、「思わずガッツポーズしてしまった。ドラマなのに…」「本当の試合観てるみたいで興奮した!」「やっぱ野球最高すぎる」と本作の野球シーンの臨場感あっての盛り上がりが伝わる投稿も多数見られた。

 冒頭から解説者役として東北楽天ゴールデンイーグルス所属の田中将大選手が登場するなど、野球ファンにはうれしいサプライズとなった第9話。続く最終回の予告動画では、決勝戦の相手・伊賀商業の監督に元プロ野球選手の元木大介の姿が見られ、こちらも早くも話題となっている。

 ドラマ「下剋上球児」は、高校野球を通して現代社会の教育や地域、家族が抱える問題やさまざまな愛を描くドリームヒューマンエンターテインメント。「最愛」「アンナチュラル」など、多くの人気ドラマを世に送り出してきたプロデューサー・新井順子と塚原あゆ子監督のタッグ、そして2人の作品を数々手掛けてきた奥寺佐渡子が脚本を担当。17日の放送で最終回を迎える。(高橋理久)

 
   

ランキング(映画)

ジャンル