top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

「光る君へ」清少納言ら4名の扮装ビジュアル公開

シネマトゥデイ

ファーストサマーウイカ演じるききょう(清少納言) – (C)NHK

 吉高由里子主演の2024年の大河ドラマ「光る君へ」(1月7日放送スタート、NHK総合・日曜午後8時~ほか)から高畑充希、三浦翔平、板谷由夏、ファーストサマーウイカ演じるキャラクターの扮装ビジュアルが11日、公式Xで公開された。

 本作は、平安時代に世界最古の女性文学といわれる「源氏物語」を生みだした紫式部(まひろ/吉高)を主人公にしたストーリー。武家台頭の時代を目前に、きらびやかな平安貴族の世界と、懸命に生きて書いて愛した女性の生涯をたどる。脚本を大河ドラマ「功名が辻」(2006)、ドラマ「セカンドバージン」(2010)などの大石静、語りを伊東敏恵アナウンサーが担当する。

 ビジュアルが公開されたのは、高畑充希演じる藤原定子(ふじわらのさだこ)、三浦翔平演じる藤原伊周(ふじわらのこれちか)、板谷由夏演じる高階貴子(たかしなのたかこ)、ファーストサマーウイカ演じるききょう(清少納言)。

 藤原定子は、道隆(井浦新)の長女。一家の繁栄を願う父の思いを一身に負い、年下の一条天皇(塩野瑛久)に入内する。清少納言らが集うサロンを作り上げ、一条天皇の最愛の妃となるが悲運に見舞われる。藤原伊周は、道隆の嫡男。才色兼備の自信家。父の引き立てによりスピード出世を果たし、父亡きあとは妹・定子への一条天皇の寵愛を頼りに、道長と火花を散らすライバルとなる。高階貴子は、道隆の嫡妻。宮仕えの経験があり、はきはきした知的な女性。道隆のあとを継ぐ息子たち、そして天皇への入内が見込まれる娘の定子の教育に力を入れる。ききょう(清少納言)は、歌人・清原元輔の娘。才気煥発。一条天皇に入内した定子のもとに女房として出仕し、心からの忠誠を尽くす。

 タイトルの「光る君へ」とは、まひろ(紫式部)が生み出した「源氏物語」、そして「源氏物語」の主人公・光源氏のモデルとして有力とされる藤原道長(柄本佑)へのつきることのない想いを表す。(編集部・石井百合子)

 
   

ランキング(映画)

ジャンル