top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

「どうする家康」秀頼が覚醒!最後の化け物“爆誕”にネット鳥肌

シネマトゥデイ

第47回「乱世の亡霊」より – (C) NHK

 大河ドラマ「どうする家康」(日曜、NHK総合・午後8時~ほか)第47回が10日に放送され、作間龍斗(HiHi Jets)演じる豊臣秀頼が覚醒するシーンが話題を呼んだ。

 「どうする家康」は、「コンフィデンスマンJP」シリーズなどの古沢良太が脚本を手掛け、新たな視点で徳川家康の生涯を描く大河ドラマ第62作。大河ドラマ初出演にして主演を務める松本潤が家康を演じる。

 第47回「乱世の亡霊」で、母の茶々(北川景子)らに「本当の心」を問われた秀頼。自分の心に問い続け、ようやくわかった気がすると言った秀頼は、家臣らの前で「まことの心」を語る。「信じる者を決して裏切らず、我が身を顧みずに人を助け、世に尽くす。それがまことの秀頼である」「今、余は生まれて初めて、この胸の内で熱い炎が燃えたぎるのを感じておる。余は戦場でこの命を燃やし尽くしたい」「余は、信長と秀吉の血を引く者。正々堂々、皆々と共に戦い、徳川を倒してみせる! 余は決して皆を見捨てぬ! 共に乱世の夢を見ようぞ!」と高らかに言い放った。

 約2分間の圧巻のスピーチ。鋭い目つきや迫力のある声で魅了した作間の熱演も光り、視聴者からは「心が震えた」「涙が止まらなかった」「鳥肌が立った」「大河史上一番、かっこいい秀頼かもしれない」「惹き込まれた」といった声が上がった。

 17日はいよいよ最終回「神の君へ」が15分拡大版で放送される。(清水一)

 
   

ランキング(映画)

ジャンル