top_line

気持ちいい!サクサク進む爽快パズルゲーム
「ガーデンテイルズ」はここからプレイ!

人気カレー店『カレーノトリコ』の類似店『カレーの虜』がオープンした問題 / 印度カリー子さんと店主が対面

ガジェット通信

『カレーの虜』の公式サイトに謝罪文が掲載されたものの、『カレーノトリコ』に対して直接的な謝罪連絡はなく、さらに謝罪文に『カレーの虜』の運営会社(または運営者)の名称が記載されていなかったことから、『カレーノトリコ』店主のフラストレーションが溜まるかたちとなった。『カレーの虜』の正体を知りたい……。

『カレーの虜』の運営母体を知るべく調査

この出来事が展開していくなかで、『カレーノトリコ』店主と記者が『カレーの虜』の運営母体を知るべく調査を進めていた。『カレーの虜』で取り扱っているカレーは、すべて印度カリー子さんと岸明日香さんのもの。そのカレーを販売しているのはデセールクレアという企業で、オンラインショップ『バズレシピストア』の運営母体でもあった。

『カレーの虜』は『バズレシピストア』とコラボ

『カレーの虜』は『バズレシピストア』とコラボレーションしていたことも判明している。記者が実際にデセールクレアに電話をかけたところ、女性スタッフが『カレーの虜』を運営しているのはデセールクレアであることを認めた。

<ここまでのこと>
『カレーの虜』は『バズレシピストア』とコラボしていた
『カレーの虜』が謝罪文を公開
『カレーの虜』の運営会社や運営者が名も姿も出さない
『カレーの虜』が直接謝りにこないため『カレーノトリコ』店主がストレス
『バズレシピストア』はデセールクレアが運営
印度カリー子さんのカレーはデセールクレアが販売元

印度カリー子さんは、この件に関して自身のXにてコメントを出している。

広告の後にも続きます

<印度カリー子さんのXツイート>

「大変恐縮ですが、巻き込みでリプライをもらっているのでご返信させていただきます。

今回の件について、「私」がカレーの虜というUberをグルになって出したと考えられておりますが、それは間違いです。それは絶対にあり得ないので説明させてください。

まず、私は以前よりカレーノトリコさんを存じ上げておりました。有名店で、ファンの方も多いですよね。私自身、「印度カリー子」を商標登録しているくらいなので、商標を真似することに関してはセンシティブです。なので私が認知している上で似た名前の店を出すことはあり得ないです。これは商標登録をされているか否かは別として、似た名前の店舗を尚且つ近隣の土地で出すことはモラルに反することだと思っています。

また、以前カレーノトリコさんはそのアカウントで、私のポストに対して、リポストする形で誹謗中傷の言葉を投稿されています。私はそれを拝見して、正直傷つきましたし、悲しかったです。そのことからカレーノトリコさんは印度カリー子を嫌いだということを知りました。それを知っている上で、どうして私がわざわざ同じ名前で店を出すんですか?

ご自身のパターンで置き換えて考えて欲しいです。カレーノトリコさんが2店舗目を出店しようとした際に、キッチンカーで尚且つ「ハ⚪︎ドリカレー」という名前で出店しますでしょうか。

今回、カレーの虜のUberに出されているカレーは、私が以前発売した至福のチキンカレーを使ったものでした。その時に提供した写真を丸々使っていたので、すぐに製造元もしくは販売元が勝手に始めたことだと分かりました。私としても、私の商標や肖像の無断利用をされていますし、レシピや販売権の不正利用をされています。直ちに辞めていただく様に連絡をし、詳細を聞くと、販売元が無許可で勝手に行った行為だということが発覚しました。私も岸さんも知りませんでしたし、他の人からの知らせで知った事実で晴天の霹靂です。

また、本来であれば、これは法的に処理すべき事項だと思っています。カレーノトリコさんも商標登録されているようであれば法的に闘うことは可能です。私も被害者なので応援できます。

今回は、私が販売元に舐められていたんだと思います。だから、無断で利用された。

そのせいで無関係のカレーノトリコさんにご迷惑をお掛けしてしまったことは申し訳なく思っております。不快な気持ちにさせてしまい申し訳ありません。

ただ、はっきりと言わせていただきたいことは

私がカレーノトリコさんの名前やファンの皆様を傷つけようという気持ちは一ミリもありません。真摯に活動されて、周りの皆様から愛されているお店やお仕事を侮辱するような行為は、私は絶対にしません。

以上、読んでくださりありがとうございます。
これからも皆様から愛されるお店でありますよう祈願しております」

<ここまでのこと>
印度カリー子さんは「カレーの虜とグルではない」と主張
印度カリー子さんも被害者であると主張

デセールクレアは取材に応じず→ コメント発表

この一連の騒動のなかで、記者はデセールクレアに取材と事実確認のための質問状を二度送ったものの、いっさい返答を得られなかった。しかしその後、デセールクレアは『カレーの虜』の騒動に関して公式サイトではじめてコメントを発表した。

<デセールクレアのコメント>

「平素弊社の運営する「バズレシピストア」をご利用いただきまして誠にありがとうござます。現在、「カレーの虜」という名称の店舗(以下「本件店舗」といいます)が、あたかも弊社又はバズレシピストアの運営であるかのように誤認させる報道記事や投稿が確認されておりますが、弊社及びバズレシピストアが本件店舗を運営していた事実はありません。弊社は、本件店舗の運営者から弊社の商品を販売する店舗の開業を検討したいとの申し入れを受け、本件店舗の運営者に対して少量の商品を譲渡しました。しかしながら、弊社の商品を販売することについて、弊社や商品開発の関係者から本件店舗の運営者に対して正式な許可を出しておりませんし、本件店舗の営業を開始する時期についても連絡を受けておりませんでした。弊社としましては、本件店舗の運営者に対して厳重に抗議するとともに、ご迷惑をおかけしている関係者に対して適切な対応をするよう申し入れをしました。なお、弊社としましては、事実と異なる報道記事については削除を求めていく予定であるとともに、弊社及びバズレシピストアに対する誹謗中傷の投稿等については、現在弁護士に対応を相談しており、今後法的手続を含めた対応をとることとする所存です。お客様及び関係者の皆様におかれましてはご心配をおかけしまして誠に申し訳ございません。今後ともご愛顧を賜りますようお願い申し上げます」

『カレーノトリコ』店主と印度カリー子さんが対面

そんななか、『カレーノトリコ』店主が『カレーの虜』の正体を知るべく、印度カリー子さんとコンタクトをとり、弁護士を含めて話し合いをすることになった。記者はその場に入り、実際に話を聞いた。

以下は印度カリー子さんの主張 / デセールクレアは対面断る

ここから先は、印度カリー子さんの主張であり、デセールクレア側の主張は上記の「デセールクレアのコメント」以外含まれていない。

また、この対面が決まった際に、印度カリー子さんはデセールクレアに連絡をとっており、デセールクレアが正しく説明したい、もしくはカレーノトリコに謝罪したいのであれば同席して良い旨を伝えている。それに対して、デセールクレアは「当社が法的にカレーノトリコに謝罪する立場にはない」として対面を断っている。

そのため、この対面は2者間で行われ、それに筆者は呼ばれて同席した。

<話し合いに関して>
『カレーノトリコ』店主と印度カリー子さんが対面・話し合い
印度カリー子さん側の弁護士も同席
筆者も同席
印度カリー子さんがデセールクレアの同席も求める
デセールクレアは同席を断る

デセールクレア代表「カリー子ちゃんのカレーを使って、ここ⼀期屋でウーバーやらない?」

印度カリー子さんによると、デセールクレアは印度カリー子さんと岸明日香さんのカレーの販売元であり、その代表とは以前から面識があるという。2023年9月14日(木)、印度カリー子さんは代表に『一期屋』に連れていかれ、そのとき代表から「カリー子ちゃんのカレーを使って、ここ⼀期屋でウーバーやらない?」と伝えられたそうだ。そのときは「いいのでは」と話し、具体的な販売計画などの話はせず、この話は終わった。

代表からLINE→ チラシ画像に『カレーの虜』

それから約1か月後、代表からLINEで「イメージです!」と連絡があったとのこと。いつやるか、誰がやるか等はいっさい決まっていない中、その短文のLINEと同時にウーバー出店時のイメージとなるチラシの画像が届き、そこに『カレーの虜』と書かれていたそうだ。

印度カリー子さん「同じ名前のカレー屋さんがありますよ」

印度カリー子さんは『カレーノトリコ』の存在を知っており、さらに同じ神田という地で営業をするのはダメだと思ったようで、代表に『カレーノトリコ』はカレー屋さんで同じ名前のところがある旨を忠告した。しかしそれに対して LINE の返信はなかった。

それから約1週間後、『カレーの虜』が営業を開始して騒動が勃発。この騒動に関して印度カリー子さんは「イメージとして送られてきたチラシしか見ていない状態でで、何を売るのか、どこで売るのか、何も契約してないし、岸さんとか私の写真も使われてた」と語る。

代表「デセールクレアが首謀者のように書かれてしまっている」

もともと代表と『一期屋』は知り合いらしく、デセールクレアは店舗を持っていないため、『一期屋』の店舗でウーバーを開始することに。しかし、この騒動が大きくなり始めたころ、印度カリー子さんに代表が電話をかけ「あなたのカレーノトリコへの返信ツイートを見るかぎりを見るかぎり、デセールクレアが首謀者のように書かれてしまっているが、それは違う」と話してきたという。

それに対して印度カリー子さんは「カレーを供給しているのも、『一期屋』と関係があるのも、私と契約を結んでいるのもデセールクレアなのに、なぜ違うと言えるんですか」と返答。

すると、代表の口から別の人物A氏の名が出てきた。代表は株式会社SOLEの代表A氏にウーバーイーツの運営を任せていたが、オーケーを出していないのにA氏が勝手に試運転を始めてしまい、それが物議を醸し、いまの問題になっているという。つまり、代表の言い分としては「勝手に試運転をしたA氏が悪い」ということに。

印度カリー子「そもそも法的に違反している」

印度カリー子さんはこうも語る。

「デセールクレアとは開発したカレーの売買に関する契約、私の肖像や商標を勝⼿に利用したり他者に譲渡したりしてはいけない契約を結んでします。なので、問題が発覚した原因は、確かに、A氏が試運転を勝⼿にしたからなのかもしれませんが、それ以前に、A氏に勝⼿に商品や肖像、カレーを無断で譲渡していたことは明らかに契約違反なんですよね」

「さらに、私に直接LINEをしてきているのはデセールクレアの代表であって、A氏からではない。その上で「運営をしていない」と主張するのはかなり厳しい。ウーバーにデセールクレアが直接登録していないから運営していないと主張しているようにしか見えない」

「また、株式会社SOLEのA氏とデセールクレア代表は仕事でかなり長い付き合いの関係性であり、『バズレシピストア』の他のサイトも過去に作っている。その事実を全て隠した上で「⼀切の運営をしていない」と主張するのは実質的でなく、かなり厳しい主張です」

それでも代表は「A氏が原因で、デセールクレアは責任はない」と話しているそうだ。

A氏とその弁護士から謝罪文が届く

『カレーノトリコ』の店主と印度カリー子さんが対面した旨をツイートで明らかにした約1週間後、A氏を名乗る人物とその弁護士から『カレーノトリコ』店主のもとに謝罪文が届いたという。

取材を進めるにあたり、当事者らの発言や事象の出来事をもとに記事を書き進めており、想像や憶測で結論付けることはしない。最終的にこの騒動の真相が世に出るまで、取材を進めていく予定だ。



※冒頭画像は『カレーノトリコ』のカレー
※記事画像は『カレーの虜』『デセールクレア』『バズレシピストア』各サイトより
※一部イメージ画像はフリー素材サイト『写真AC』より

(執筆者: クドウ@地球食べ歩き)

  • 1
  • 2
 
   

ランキング

ジャンル