top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

矢吹奈子、アイドル卒業後は“ワクワク”「常に勉強したい気持ちがある」

WEBザテレビジョン

HKT48の元メンバー、IZ*ONE出身で俳優の矢吹奈子が、11月21日より放送中のドラマストリーム『恋愛のすゝめ』(毎週火曜深夜0:58-1:28、TBS※一部地域をのぞく)に出演。人生を勉強に捧げてきた超エリートメガネ男子たちが校則で禁止された「恋愛」に挑む本作で、ヒロイン・高田華子を演じている。4月にHKT48を卒業し、新たなステージへと進む彼女に、本作の見どころや近況を聞いた。

■ヒロインと聞いてうれしかった

――今作への出演が決まった時の心境を聞かせてください。

ヒロインと聞いてすごくうれしかったです。オリジナル作品への出演ということで、原作がないからこそ、みんなで物語を作れるという感覚にもワクワクしました。

――高田華子はどんな役ですか?

華子さんは自分と少し似ている部分もあったので、あまり違和感なく演じることができています。感情をすぐに出さないようなところは「似ているな」と思いました。

――矢吹さんは普段、あまり感情を出さないんですね。

押し殺すことが多いですね(笑)。争いごとがあまり好きじゃないので、気になることがあっても「自分が言ってもな」「まぁいいや」と一歩引いてしまうことが多いんです。相手の気持ちを考えて、言えなかったりすることもあります。

――それはグループで活動していた頃からですか?

そうですね。もちろん言わなきゃいけない時は言うんですけど、似ている部分はあるなと感じました。

■綱啓永と2度目の共演

――主人公・鳳啓介役の綱啓永さんとは以前にも共演されていましたね。

ドラマでは2度目の共演になります。前回はたくさん話し合ってお芝居に臨んでいたんですが、その過程があったからか、今回は意見を多く言い合わなくても、お互いにどこかで通じ合っているような感覚があります。

実は最初、「鳳啓介役が綱くん」というのはあまり想像がつかなかったんです。綱くんには明るくてムードメーカーなイメージがあったので、真面目で女の子と目も合わせられないくらいおどおどしているような鳳さんとはギャップがありました。でも、実際に現場に入ると鳳啓介なんです。

2年前とは別人のように感じて、最初は話しかけるのにちょっと緊張しました。

■空き時間に「人間性」についてトーク

――現場ではどのように過ごしていますか?

1話の撮影で空いた時間があったので、メークさんや衣装さんとひたすらしゃべっていました。人間性について1時間くらい。

――人間性?

感情が爆発しちゃうような人じゃなく、大人な対応をできる人ってすてきだよね、みたいな。周りを見られる人が現場にいるといいよね、というような話でした。

――人間性で言うと、今作の鳳のような男性はどう思いますか?

鳳さんって、華子さんに一目惚れしてからずっと一途なんですよね。華子さんのことばかり考えて、他のことを考えられなくなっちゃう。好きな気持ちも伝えてくれるし、ラブレターも書くし、すごくすてきだと思います。

――デートシーンもありますね。

グロいゾンビの映画を見たりとか、あのデート自体は嫌ですけどね(笑)。でも、鳳さんなりに「もっと距離を縮められるんじゃないか」と考えて、映画を見ることを選んだところはかわいいなと思います。

■思い切れたからアイドルを卒業できた

――今作で鳳は恋愛という新しい世界に飛び込んでいきますが、矢吹さんは新しい世界に飛び込むことには思い切れるタイプですか?

思い切れたからアイドルを卒業できたのかなと思います。怖いというよりワクワクします。最近、自分は「常にいろんなものを勉強したい」という気持ちがあるんだということに気付いたんです。

韓国で活動してみたいと思ったこともそうです。「成長したい」と思ったからその道を選んで、日本に帰ってきてからもいろんな目標が出てきました。「単独でセンターに立ちたい」とか「1人でバラエティー番組に出たい」とか、そういうたくさんの目標をかなえながら、挑戦し続けたい気持ちがあります。

――現在はどんな姿を目指していますか?

「なんでもそつなくこなすよね」と言われることがあって、それはうれしいんですけど、「お芝居はまだまだだな」と自分で客観的に見ていて思うんです。「もっとこうしたら良かった」とか「あんまりだったかな」と思っても、映像を見たら意外と良かったりするので、まだつかめていないんですよね。もっと勉強して、これからもいろいろと挑戦していきたいです。

――お芝居で目標にしている方などはいますか?

私が一番尊敬しているのは戸田恵梨香さんです。戸田さんの作品の中では特に「SPEC」シリーズが大好きで、当麻紗綾役は戸田恵梨香さん以外に考えられないと思うんです。私もそれくらい役にハマるような人になりたいです。

■HKT48卒業から半年…「不安はあまりない」

――HKT48を卒業し、個人で活動するようになってから半年以上がたちました。

周りに支えてくださる方がたくさんいるし、ファンの方もすごく近い存在に感じられるので、不安はあまりないです。

――元メンバーの方と会う機会もありますか?

最近はなかなかないです。でも、指原(莉乃)さんとはご飯の約束をしました。いろいろと相談したいこともあったし、最近は全然お話できていなかったので、近況報告をしようかなって。

――矢吹さんにとって、やはり指原さんの存在は特別なんですね。

そうですね。私はもともと指原さんのファンで、HKT48に入ってからもずっとかわいがっていただきましたし、厳しい言葉もたくさんいただいて成長できました。師匠です。

――会うとどんな話をするんですか?

なんでも話しますけど、仕事の話が多いです。私がずっとしゃべっていることがほとんどです(笑)。私が卒業した後、打ち上げをしてくださる予定だったんですけど、なかなか会えなくて卒業プレゼントをもらえてないんですよ。だから、もらいに行かないといけないんです(笑)。

――グループに在籍していた頃とは環境にも変化があったと思いますが、新たに始めたことなどはありますか?

少し前まで毎日のように撮影が続いていたので、最近はもっと勉強したいなと思って、自分の顔をいっぱい見るようにしています。お部屋に大きめの鏡を買って、イラっとした時とか悲しい気分になった時に鏡を見て、自分の顔を確認するんです。

――その表情を芝居に生かすと。

毎回ではないですけど、イラッとしながらも「一応見ておこう」って(笑)。あとは、台本を読んでいる自分を映像で撮っておいて見てみたり。どんなふうに見えているのかが気になるんです。

■“フッ軽”になりたい

――お仕事以外ではしてみたいことはありますか?

旅に出てみたいです。普段、あまり外に出ないので“フッ軽”になりたいんですよね。今度、家族で北海道に行こうと思っています。

――すてきですね。連れて行ってあげるんですか?

あ。そっちの方が良かったですね(笑)。確かに親孝行しないと。

――連れて行ってもらう予定でしたか(笑)。

甘えちゃうんですよね。まだ実家暮らしだし。

――いや、甘えられるもうれしいものだと思いますよ。

いや、そんなことないと思います。「親孝行してほしい」とたまに言われるので、ご飯を奢ることにします(笑)。味噌ラーメンも海鮮も、ジンギスカンも行きます。

――では、最後に読者の方にメッセージをお願いします。

この作品は毎話、雰囲気が変わって、ストーリーの展開も早く、何度でも楽しんでいただける作品です。華子さんと鳳さんがどうなるのか、最後の最後まで応援しながら見守っていただけたらうれしいです。

◆取材・文=山田健史

 
   

ランキング(テレビ)

ジャンル