top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

“人生があまりにうまくいった”ウィル・スミス「自分で問題作り始めた」

ナリナリドットコム

ウィル・スミスが、人生があまりにもうまくいっていたため、「自分で問題を作り始めた」とジョークを飛ばした。

壇上でクリス・ロックに平手打ちを食らわせたことで、2022年にアカデミー賞から10年間の追放処分を受けたウィル。サウジアラビアで開催された紅海国際映画祭で、自分が「たくさんの間違い」を犯してきたことを認め、クインシー・ジョーンズの助けを借りて、「人間として勝利」しようとしていると明かした。

ウィルはこう語った。

「僕はパズルや問題が大好きなんだ。そう、だから自分で問題を作り始めたんだ。人生が順調すぎたからね」
「失敗もたくさんしてきた。クインシーは、いつも親身になってくれた。彼は僕が人間として勝利をおさめることを望んでいる。彼はアーティストとしてだけでなく、人間としての僕に献身的なんだ」
「名声とはユニークな怪物だ。良いことを言われても、あまり興奮してはいけない。その後悪いことを言われると、もっと苦労し、苦しむことになるから」
「僕は自分が何者で、世の中で何をしようとしているのか、はっきりさせなければならない。そして、自分の使命に集中するためには、他人の拍手を必要とすることはできない。僕は相手に良い気分になってもらいたい。そして同時に、僕は人間だ。僕は自分の美徳を完成させる過程にいるんだ」

一方でウィルは、2007年のSF映画「アイ・アム・レジェンド」の続編に、マイケル・B・ジョーダンと取り組んでいることを明かした。

ウィルは「明日、マイケル・B・ジョーダンと電話するんだ。これ以上は言えないよ」と語ったものの、オリジナルのDVDに含まれていた別のエンディングに言及。「僕らは、僕のキャラクターが生き残ったエンディングのDVD版の神話に沿って進んでいるんだ」と続けた。

同作品でウィルは、ウイルス感染により、世界人口のほとんどが死滅していく中、ニューヨークでたった1人愛犬と暮らす、科学者のロバート・ネビルを演じている。
 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル