top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

坂本花織が3度目のGPファイナルで悲願の金メダル&吉田陽菜は初出場銅メダルの快挙! 住吉りをんは6位【GPファイナル】

THE DIGEST

坂本花織が3度目のGPファイナルで悲願の金メダル&吉田陽菜は初出場銅メダルの快挙! 住吉りをんは6位【GPファイナル】(C)THE DIGEST
 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズを勝ち抜いた上位6人のみが進出できるGPファイナルが中国・北京で開催されており、大会3日目は女子シングルが行なわれた。日本勢は世界女王の坂本花織、住吉りをん、吉田陽菜の3人が運命のフリーに臨んだ。

 11月のフランス大会で日本女子シニア史上初の4回転トウループを成功した住吉が、まず先陣を切った。大技4回転ジャンプを組み込んだ20歳の大学生は果敢にチャレンジしたが、態勢を崩し3回転の判定に。しかし、以降のジャンプは乱れることなくすべて着氷。初の大舞台は180.39点の6位で終えた。

 18歳の吉田は冒頭でトリプルアクセルを着氷。前日のショートで転倒した武器を勝負のフリーでしっかり降りた。これで勢い付いた吉田は、すべてのジャンプをノーミスで完走。優雅なスケーティングや綺麗なエッジワークを魅せ、演技後はガッツポーズが飛び出した。

 会心のフリーは自己ベストを更新する142.51点、ショートとの合計は203.16点。今季シニアデビューした逸材が初の表彰台(3位)を掴んだ。
  女子の大トリを飾ったのは坂本。世界女王は今季成功率100%を誇るダブルアクセルをスピードに乗って着氷。リズムを掴むと、ルッツ、サルコウと2つの3回転も難なく降り、GOE(出来栄え点)はどちらも高い加点が付いた。

 続くコンビネーションの予定が単独ジャンプになるミスはあったものの、キーポイントとなる後半の3回転フリップ+3回転トウループは成功。ファイナル初頂点へ、世界女王は正確無比なスピン、丁寧なステップで観衆を魅了。ラストの3回転ループには2回転トウループをつける冷静なリカバリーで、昨シーズンからの進化を見せた。

 注目の得点は148.35点、世界最高得点を叩き出したショートとの合計は225.70点をマークし、坂本が3度目の出場で念願のGPファイナル初優勝を飾った。

構成●THE DIGEST編集部

【関連記事】「坂本花織が輝きを放った!」初のGPファイナル制覇へ最高のスタート! 今季SP世界最高得点の会心演技に海外記者ら称賛止まず!

【関連記事】「ライバルと技術点が4点ほどしか…」元世界女王がマリニンの採点に苦言!4A成功も2位宇野昌磨とは0.88点差【GPファイナル】

【関連記事】「すげえ刺激だよ」“4回転の神”が宇野昌磨に強烈なライバル心! 初のGPファイナル制覇へ闘志満々「世界王者を倒したい!」
 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル