top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

ヨーグルトは温めてもいいの? 意外な事実に「知らなかった」「そうだったのか」

grape [グレイプ]

ヨーグルトは手軽にタンパク質を補給できるだけではなく、整腸効果や免疫力向上といったメリットも期待できる食品です。朝食のおともやおやつとして、毎日取り入れるのもよいでしょう。

しかし、気温が下がってくると冷たいヨーグルトを食べるのがおっくうに感じてしまことも。お腹が弱い人は、冷えも気になるでしょう。「ヨーグルトは温めて食べてはいけないのか」と疑問を抱く人に向けて、乳製品メーカーの回答を紹介します。

お好みで調整してOK

ヨーグルトの温度について公式Q&Aで回答しているのは、雪印メグミルクです。甘くおいしいデザート系のヨーグルトだけではなく、機能性の高い製品も多く販売しているメーカーで、なじみのある人が多いでしょう。

お好みで温めてお召しあがりください。温めたら早めにお召しあがりください。そのまま置いておくと、組織や風味が変わってしまうおそれがあります。また、加熱により分離することがあります。

雪印メグミルクーより引用

雪印メグミルクによると、「お好みで温めてお召しあがりください」とのこと。冷たいヨーグルトを食べると身体が冷えてしまう人や、お腹がゴロゴロしてしまう人は、ぜひホットヨーグルトにして楽しんでみてください。

ヨーグルトを温める際の注意点は以下のとおりです。

広告の後にも続きます

・温めたヨーグルトは早めに食べ切る

・60℃以上になると乳酸菌が死滅してしまう

・プロバイオティクス効果を期待するなら40℃未満

温めたヨーグルトを長時間放置すると、風味や組織が変質してしまう恐れがあります。栄養成分に違いはありませんが、おいしく食べ切るためにもできるだけ早く口にしましょう。加熱することでヨーグルトが分離してしまうケースもありますが、品質に特に問題はありません。

またヨーグルトといえば乳酸菌が有名ですが、60℃以上になると死滅してしまいます。プロバイオティクス、つまり生きた菌による効果をしっかり得たい場合は、40℃以上に温めないようにしましょう。温める際には、ぜひ意識してみてください。

ヨーグルトの温め方

ホットヨーグルトを楽しむ際には、温度調整が最大のポイントに。温める時は、電子レンジを使うのがおすすめです。

電子レンジに温度設定機能が付いている場合、40~50℃に設定して温めましょう。ヨーグルトは耐熱皿に入れ、ラップをかけずに加熱します。

温度設定できない場合は、100~120gのヨーグルトを電子レンジで約40秒温めるのがおすすめです。電子レンジから取り出したら、スプーンで軽くかき混ぜてください。人肌程度に温まっているのを確認したら、ホットヨーグルトの完成です。

冷たいヨーグルトを秋や冬に食べるのはちょっと…と思う人も、ホットヨーグルトなら安心して楽しめるのではないでしょうか。温かいヨーグルトをお腹に入れることで、胃腸の働きを活性化する効果も期待できるといわれています。電子レンジを使えばわずか数十秒で準備できますから、ぜひ試してみてください。


[文・構成/grape編集部]

出典 雪印メグミルク
 
   

ランキング(くらし)

ジャンル