top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

〈子のいない夫婦〉亡夫の退職金1,000万円で暮らす75歳妻、号泣…疎遠の義妹からかかってきた恐怖の電話「義姉さんはなにもわかってないのね」【弁護士が解説】

幻冬舎ゴールドオンライン

相続の現場で、しばしば取り上げられる「子のいない夫婦」の問題。なんの相続対策もせずにどちらかが先に亡くなってしまうと、夫婦で築き上げたはずの資産が亡き配偶者の親族に流れてしまい、遺された配偶者が憂き目に遇うというケースも……。本記事では、田中さん夫妻(仮名)の事例とともに、子のいない夫婦の相続トラブルについて、弁護士の菅野正太氏が解説します。

夫急逝…おしどり夫婦に訪れた突然の別れ

山形県在住の田中詩織さん(仮名:75歳・女性)は、年上の夫、田中将さん(仮名:80歳・男性)と2人穏やかに日々を過ごしてきました。

夫婦に子供はいませんでしたが、その分夫婦で過ごす時間を大切にしようと心掛けていたので、夫婦仲はとても良好であり、近所でも「おしどり夫婦」と評判になるほどです。

将さんはもともと中小企業の営業担当者として、バリバリ働いていましたが、定年退職してからは、会社から支払われた約1,000万円の退職金を切り崩しながら生活を続けてきました。

広告の後にも続きます

しかしある日、将さんが散歩の途中で突然倒れてしまい、そのまま帰らぬ人に……。

詩織さんは、悲しみに暮れながらもお葬式の準備などを進め、ようやく気持ちもひと段落したころ、一本の電話がかかってきたのです。

その電話は、将さんの妹である静香さん(仮名:72歳・女性)でした。詩織さんは、将さんに妹が1人いることを知っていましたが、あまり仲がよくなかったため、親戚づきあいはまったくと言っていいほどなかったのです。

詩織さんも静香さんとは若いころに一度か二度しか会ったこともなく、今回のお葬式にも来ていたなかったので、なぜいまさらになって静香さんから電話がかかってくるのか理解できませんでした。

疎遠の義妹から一本の電話が…

電話に表示された静香さんの名前に驚きながらも、おそるおそる電話に出る詩織さん。

静香さんは開口一番に「兄さんが亡くなったでしょう? 兄さんは、仕事が大好きでお金もいっぱいもらっただろうから貯金もあるだろうし、早いうちに遺産をもらえると助かるんだけど……」と言ってきたのです。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング

ジャンル