top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

菊池風磨“饗庭”クラブに徴収に行くも、今井アンジェリカ“芽依”「払わなくて済む秘密の裏技教えてよ」<ゼイチョー>

WEBザテレビジョン

菊池風磨主演のドラマ『ゼイチョー〜「払えない」にはワケがある〜』(毎週土曜夜10:00-10:54、日本テレビ系/Huluにて配信)の第8話が、12月9日(土)に放送される。

■徴税吏員(ちょうぜいりいん)の姿を描く作品

原作は、2016年から2017年にかけて「BE・LOVE」(講談社)で連載された、慎結による「ゼイチョー!~納税課第三収納係~」。同作は、滞納者の「お金と心」に寄り添う徴税吏員(ちょうぜいりいん)の姿を描く、魂揺さぶる“ヒューマンエンターテインメントドラマ”。

ノリが軽く脱力系だが仕事のスキルは超一流の饗庭蒼一郎(あいばそういちろう/菊池)と、そんな彼とバディを組む百目鬼華子(どうめきはなこ/山田杏奈)は、市役所納税課で、滞納されている税金を納めてもらう仕事・徴税吏員として働く公務員。税金滞納者の経済状況を把握して自宅を訪問し、時に財産を差し押さえ、税金を納めてもらうように促す“税金の取り立て屋”的存在だ。

しかし、饗庭の本当の職務は税金をただ取り立てることではない。滞納せざるを得ない“払えないワケ”を持つ市民の事情に寄り添い、救う方法を模索していく。

■第8話あらすじ

第8話は――

「徴税禁止リスト」の存在を知った饗庭と華子は、「そんなものはただのウワサだ」と言って取り合わない副市長・相楽(本郷奏多)に詰め寄り、リストの現物が見つかれば市として調査・公表することを約束させた。しかし、今のところリストに関する手がかりは何もない。

饗庭と華子は、住民税を滞納している大学生・星野芽依(今井アンジェリカ)から滞納金を徴収するため、芽依のアルバイト先であるクラブに潜入する。まだ19歳で学生の芽依は納税に全く無関心で、「本当に払わなきゃダメなの?」とまるで他人事。挙げ句、徴税吏員の饗庭たちに向かって「払わなくて済む秘密の裏技教えてよ」と突拍子もないお願いをしてくる。芽衣が言うには、その裏技を使って税金を納める必要がなくなった友達がいるらしい。

芽依の言う“裏技”を使った友達は、同級生の若月大輝(浦上晟周)。数か月前、芽依は若月と市の職員らしき男が話し込んでいるところを目撃。後で若月に聞いてみると、男は徴税吏員で、若月は「あの人が何とかしてくれたんだ」と、その男のおかげで納税する必要がなくなったと言っていたらしい。記録では、確かに若月は今年の夏ごろ、それまで滞納していた住民税を一括納付し、全額『納付済み』になっていた。担当者の欄には加茂原(鈴木もぐら)の名前。

そんな中、若月のアルバイト先の清掃会社『SGRクリーンサービス』が相楽グループの会社だと知った饗庭たちは、若月の件に徴税禁止リストが関係しているのではないかと疑う。

“裏技”によって、若月の税金滞納をなきものにしたのは本当に加茂原なのか。そしてついに徴税禁止リストを手に入れた饗庭が、相楽と対峙する。

――という物語が描かれる。

■第三係に潜む裏切り者とは

公式ホームページなどで見ることができる予告動画では、クラブに潜入した饗庭と華子が、住民税を滞納している芽依と話す。しかし、19歳でギャル風ファッションの芽依は納税に全く無関心で、「消費税なら払ってるけど」と言い出す。

芽依から、納税を不正に逃れているという友人の話を聞いた饗庭と華子は、「徴税禁止リスト」が絡んでいると推測。動画では、「どうしてこれが本物だと言える」と紙を破く相楽や、「何を調べてるのか知らないけど、あんまり余計なことしない方がいいんじゃないかしら」と告げる日比野(石田ひかり)の姿も。そして、第三係に裏切り者の存在が発覚し、饗庭が「公務員なめないでください」と告げる。

この動画に「仲間に『公務員なめないでください』言うのつらい」「ギャルと饗庭の絡み面白い」などの声が寄せられている。


 
   

ランキング(テレビ)

ジャンル