top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

『翔んで埼玉 ~琵琶湖より愛をこめて~』武内英樹監督インタビュー「これだけディスられているのに、観終える頃には郷土愛が芽生えている」

ガジェット通信

魔夜峰央(まやみねお)の原作『このマンガがすごい!comics 翔んで埼玉』(宝島社/累計発行部数72万部)を二階堂ふみ・GACKTという強烈な個性を放つ主演二人により実写化し、興行収入37.6億円を叩き出した映画『翔んで埼玉』の続編となる『翔んで埼玉 ~琵琶湖より愛をこめて~』が大ヒット上映中です。

続編では、まさかの埼玉を飛び出し日本全土を巻き込む天下分け目の東西ディスり対決が開幕。お馴染みGACKT演じる麻実 麗、二階堂ふみ演じる壇ノ浦百美をはじめ、滋賀解放戦線のリーダー“滋賀のオスカル”こと桔梗魁を杏、冷酷無慈悲な大阪府知事 “関西のラスボス”こと嘉祥寺晃を片岡愛之助、ほか埼玉解放戦線員の加藤諒、益若つばさ、滋賀解放戦線員の堀田真由、くっきー! (野性爆弾)、高橋メアリージュン、そして現代パートを彩る和久井映見、アキラ 100%、朝日奈央、さらには西のクセツヨ軍団として天童よしみ、山村紅葉、モモコ(ハイヒール)、川﨑麻世、藤原紀香など超豪華キャスト陣の参戦が明かされ、今や日本中の注目を集めていると言っても過言では無い本作。

手掛けるのは、もちろん武内英樹監督。前作に引き続き、最高の作品を作り出した武内監督にお話を伺いました!

――本作大変楽しく拝見させていただきました!最高に笑ってしまいました。

広告の後にも続きます

本当ですか、良かったです。公開されたら、特に関西の皆さんがどう観てくださるのかとても心配ですが…(笑)。

――関西の皆さんもゲラゲラ笑ってしまうのではないかと信じています(笑)。まず、この続編を作ろうということになったのはいつ頃だったのでしょうか。

前作が公開されて数ヶ月経ったくらいですかね、まだ公開中にプロデューサー陣から、反響が大きいので続編を作ってもらえないかという話が出てきました。僕としては1作目で全力を出した感があったので少し不安もあったのですが、何より埼玉県民の皆さんがあれほどまでに楽しんでくださったので、ぜひ頑張りたいと。

――関西が舞台になるということで、「待ってました!」と「大丈夫?」というワクワクドキドキが入り混じりましたよね。

前作はありがたいことに関東では大反響をいただきましたが、関西の人にとっては埼玉が遠いからか、あまり反響が無かったんです。「関西版も観たい」といったSNSなどでの声も見かけることもあり、関西をメインにしようとまとまりました。原作には無いストーリーなので、どこの県をメインにしようかと考えた時に、滋賀、和歌山、奈良のフィルムコミッションの方々に話を聞いて、滋賀が前作でいう埼玉的なポジションであるということが分かりました。それで滋賀をメインにストーリーを考えていこうと決定しました。

――和歌山も奈良も掘り下げ甲斐のある場所ですが、滋賀というのは確かに興味深すぎる場所ですよね。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング

ジャンル