top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

『ウィッシュ』は「懐かしさと新しさが融合したような映画」「歴代作品の要素を見つける楽しさも」レビュー:ヤママチミキ(GANG PARADE)

ガジェット通信

2023 年、創立 100 周年を迎えたウォルト・ディズニー・カンパニー。その記念作となるアニメーション最新作が、12月15日(金)より劇場公開となる映画『ウィッシュ』。これまで魔法の力で数々の奇跡を起こしてきたディズニー100年の歴史の集大成となる本作は、『アナと雪の女王』のスタッフ陣が贈る、新たなミュージカル作品。どんな願いも叶う魔法の王国の驚くべき真実をたった一人知ってしまった新ディズニー・ヒロイン“アーシャ”。願いの力を信じ続けた彼女が起こした奇跡とはー?

公開がいよいよ来週と迫った『ウィッシュ』。今回は、13人アイドルグループ「GANG PARADE」のメンバーで、大のディズニー好きとして知られるヤママチミキさんに映画をご覧になった感想を伺いました!

【ヤママチミキ】
「みんなの遊び場」をコンセプトに活動する、ヤママチミキ、ユメノユア、キャン・GP・マイカ、ココ・パーティン・ココ、テラシマユウカ、ユイ・ガ・ドクソン、月ノウサギ、キラ・メイ、チャンベイビー、キャ・ノン、ナルハワールド、アイナスター、カ能セイの13人からなるアイドルグループ「GANG PARADE」のメンバー。
https://twitter.com/YAMAMACHI_GANG [リンク]
https://instagram.com/yamamachi_gang [リンク]

◆映画『ウィッシュ』をご覧になった感想。予告編などから受けていたイメージなどもあれば、楽しみだった点なども教えてください。

広告の後にも続きます

とにかく良い意味でTHE王道ストーリーだなという感想が一番に思い浮かびました。

最近では割とメジャーになった自分の強い意志と信念をもつ主人公の女の子と相棒の動物、ヴィランらしいヴィラン、彼らを取り囲む個性豊かなキャラクターたち。
ヴィランに立ち向かおうとするけれどなかなか上手くいかずピンチも訪れるけれど力を合わせてハッピーエンド。
物語を彩る曲たちはアップテンポなものから心情を伝えるバラード系まで。

王道ではあるけれどそこにスターがいることでどこか異質になったり、「ヴィランが既に分かっている状態で見る」という最近無かった展開だからこそ新鮮に感じたり、懐かしさと新しさが融合したような作品でした。

今作は水彩画モチーフになっているからこそ、映像から普段とは少し違った雰囲気で、心があたたかくなるような描写などは特に水彩画が持つ力を感じました。

ところどころに歴代ディズニー作品の要素が組み込まれていて、それを見つけるとすごく嬉しくなるのでこれから観る方にはそういう楽しみ方でも観ていただきたいですし、私もまた観に行って探したいなと思いました。

◆主人公アーシャの好きなところ、好感を持った部分などあれば教えてください。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング

ジャンル