top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

【下剋上球児 第8話・ネタバレあり】変わり始める野球部メンバー 一方で取り残されているのは…

grape [グレイプ]

ブログやSNSでドラマの感想や情報を発信して人気を博している、蓮花茶(@lotusteajikkyou)さん。

2023年10月スタートのテレビドラマ『下剋上球児』(TBS系)の見どころを連載していきます。

越山高校野球部はついに夏の三重県予選でベスト8に進出した。

南雲脩司(鈴木亮平)の元、野球部は絶好調だが、香良洲高校との試合では皆調子に乗ってしまっており、「早く終わらせよう」と気持ちが逸るあまり、チャンスがあっても雑な攻撃で点が取れない場面が何度もあった。

今までは試合に全力で臨んでいた彼らが、完全に慢心していた。

広告の後にも続きます

辛くも勝利したが、ここまで勝ち上がったことのない彼らが、調子に乗った勢いのまま、てっぺんまで行けるといいのだが。

そして次はいよいよ準決勝、賀門英助(松平健)率いる星葉高校との試合である。

犬塚翔(中沢元紀)とかつて同じクラブチームだった星葉高校の江戸川快斗(清谷春瑠)と児玉拓海(羽谷勝太)は、自分たちのように野球一筋で努力してきた強豪が勝つべきだと宣言する。

彼らの言葉に俄然ライバル心に火がつく越山高校野球部員たちであった。

越山高校の快進撃には学校も地元も大フィーバーで、盛り上がっているのは野球部だけではなかった。

そんな熱狂の一方で、南雲は星葉戦のスターティングメンバーに頭を悩ませていたのだった。

勝つための野球をするならば、心を鬼にして実力と戦略で選ばなければいけない。

香良洲高校との試合では星葉が翔の投球を撮影に来ており、おそらく彼の投球は研究し尽くされている。

そのため、南雲は山住香南子(黒木華)に、ここまで温存した根室知廣(兵頭功海)を先発させる作戦と、部員たちへのフォローを相談する。

ところがこの会話を、過去に対戦した草野球チーム『越山ドーマーズ』のジョンソン(新浜レオン)に聞かれてしまい、彼からのLINEで選手たちが知ることになってしまう。

翔の投球に頼っていた部分もあった部員たちは動揺する。ジョンソン、全く余計なことをしてくれたものである。

その頃、犬塚家では犬塚樹生(小日向文世)の目の手術を巡って、娘の杏奈(明日海りお)と彼女の夫の敏生(吉田ウーロン太)が必死の説得を続けていた。

次々と、成長と気づきを得ていくこのドラマの中で、唯一変わろうとしていないのが樹生だ。

常に翔のことばかりで、翔を目立たせ活躍させることしか考えていない。

樹生が準々決勝のあと、翔にリリーフを送ったことへの不満を訴え、残り二試合は完投させろと南雲に訴えたときは、さすがの南雲もついに「過保護ではないか」と反論したぐらいである。

樹生の言動には何度も不快感を覚えてきた。それはやはり南雲の失敗を責める一方で、自分は目の手術から逃げ、金に力を言わせて我儘で自分勝手な自分自身に向き合おうとしないところだろう。

翔に完投させるということは、他の控え投手を出場させないということだ。彼が目立ちさえすれば、他のチームメンバーのことなどどうでもいいという自己中心的な考えなのだ。

南雲がギリギリまで部員たちひとりひとりの努力と成長を考えながら、身を切るような思いでスターティングメンバーを考えていたのとは正反対である。

しかし、樹生が患うのが『目』というのは象徴的だ。彼の病気は、視野が欠け、だんだんと見えなくなっていくものである。

敏生が「お義父さん、翔が投げてるとこ、ちゃんと見えてます?」と尋ねたのは、投球そのものだけでなく、現実の翔がちゃんと見えているか…という二重の意味にも聞こえた。

翔とのキャッチボールでも、彼の投げる球を受けることができないし、落ちたボールを見つけることができないのも、彼の思いが見えなくなっていることを暗示しているようだ。

成長していく翔に対し、樹生は果たして本当の意味での、自分自身に対する『下剋上』を成し遂げることができるのだろうか。

そして試合前に倒れた山住に、前日に彼女に打球を当ててしまった日沖壮磨(小林虎之介)は大きく動揺する。

山住が生徒のために病院へも行かず我慢したことが裏目に出なければいいのだが。

ドラマコラムの一覧はこちら


[文・構成/grape編集部]

 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル