top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

生まれ変わった「関西国際空港」注目のグルメスポットは?

マガジンサミット

2023年12月5日、関西国際空港の新国際線出国エリアがオープンした。国際線利用者の増加に向けての大規模リニューアルとなり、商業エリアも大幅に刷新。オープン前日に行われたメディア向け内覧会で、大阪から飛び立つ前に立ち寄りたい「注目の新スポット」を調査した。

大きく、見やすくなった免税店

出国審査場を通過すると、まずは免税店に到着する。以前は小さな店舗がいくつも並んでいて、それぞれの店内で会計をするシステムだったが、リニューアルを経て通路を歩きながら左右に並んだ多彩な商品を楽しめる「ウォークスルー型」に進化し、日本の国際空港として最大規模の免税店となった。

また、国内の空港で初めて、お菓子を購入できるタッチパネルを導入した。モニターで商品を選択し、レジで決済を済ませ、受け取りカウンターで商品をピックアップする。日本土産を求めて混み合うエリアで、スムーズな流れを期待できるという。

関西初出店のラーメン屋が登場

免税店を抜けると、飲食店や物販店のエリアが広がっている。ここでは出発前に最後のグルメを楽しみたい。

関西初出店のラーメン屋「MENSHO」の看板メニュー「白トリュフ香る鶏白湯らぁ麺」は、じっくり煮込んだ濃厚な鶏白湯スープに昆布やポルチーニ茸の出汁を加え、白トリュフの香りを纏わせた一杯。もっちりとした手もみ麺を使用しており、食べ応えも十分だ。トッピングのチャーシューは、なんとA5ランクの黒毛和牛サーロインを使用。柔らかくしっとりとした食感で贅沢な気分を味わえる。

広告の後にも続きます

また「A5霜降り和牛寿司」にも注目したい。スプレー式の醤油をふんわりかけて仕上げてくれる。ひとくちで頬張ると口の中でとろけ出す、主役級のサイドメニューだ。

MENSHOグループ代表の庄野智治氏は「海外の方はもちろん、日本をしばらく離れる国内の方にも、ラーメンの良い思い出と一緒に出発してほしいです」と話す。ラグジュアリーなラーメンで空腹を満たせば、幸せな気持ちで出国できそうだ。

何杯でも飲める「やわらかいビール」

ビール好きの人には、数々の受賞歴をもつクラフトビール醸造所「泉佐野ブルーイング」が展開する「KIX BEER」をおすすめしたい。こちらも関西初出店だ。

ローストしたモルトの味わいとコーヒーのような香りに、柑橘系の苦味を特徴とした「アンバーエール」や、苦味がなくバナナのようなフルーティーな味わいが楽しめる「ヴァイツェン」など、個性豊かなビールが揃っている。また、岬町のブルーベリーや貝塚市の青みかんなど、地元で採れる旬の果物を使用したフルーツビールは、季節によってラインアップが変わるそうだ。

「やわらかいビールを目指しています。何杯でも飲めるがコンセプトで炭酸も弱いので、スルスルと飲めると思いますよ」と、代表の許校沿氏は話す。「KIX BEER」で喉を潤し、良い気分で出発してはいかがだろうか。

27種類もの水やお茶が買える「食堂」

カジュアルな食事なら、関西初出店の「日本の食堂」をチェックしたい。イートインメニューのうどんに加えて、おにぎり、サンドイッチ、サラダ、弁当などが販売されている。コンビニ価格とまでは言えないものの、他店舗と比べて値段も良心的だ(おにぎり約200円〜、弁当約400円〜)。その横にはなんと、19種類の水と8種類のお茶がずらりと陳列されている(約250円〜)。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(くらし)

ジャンル