top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

経産省、パワー半導体事業に最大1294億円の助成を発表

ABEMA TIMES

 経済産業省は、東芝と半導体大手ロームが協業するパワー半導体事業に対し、最大で1294億円を助成すると発表しました。

【映像】パワー半導体事業に最大1294億円の助成へ

「電気自動車をはじめとして、パワー半導体の市場が大きく伸びる中で、世界をリードしていく、そうした取り組みを進めていきたいと考えております」(西村経産大臣)

 電気自動車などの電力制御に欠かせないパワー半導体事業をめぐり、東芝が石川県の工場で、ロームが宮崎県の工場で半導体を分担して生産する計画です。

 事業費の総額は約3800億円にのぼるということで、経産省は最大で1294億円を助成することを決定しました。

広告の後にも続きます

 西村大臣は、「国際競争力を向上させるために国内のメーカー同士の連携が不可欠だ」と強調しました。(ANNニュース)   

 
   

ランキング

ジャンル