top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

パリ行きを決めた「水球日本代表」を支える欧州組の一人、新田一景がオランダで目指すCLと五輪出場「レベルアップを感じてます」

THE DIGEST

パリ行きを決めた「水球日本代表」を支える欧州組の一人、新田一景がオランダで目指すCLと五輪出場「レベルアップを感じてます」(C)THE DIGEST
【水球日本代表・新田一景インタビュー 前編】

 10月、水球日本代表『ポセイドン・ジャパン』は地元中国との決勝戦を11対7で勝利し、53年ぶりのアジア大会優勝を果たした。2018年大会の決勝戦ではライバルのカザフスタンに第3ピリオド途中まで7対3とリードしながら、7対8という屈辱的な大逆転を許して優勝を逃しただけに、嬉しさひとしおの戴冠だった。
  また、アジア大会を制したことにより、水球日本代表の3大会連続オリンピック出場が決まった。84年ロス・オリンピックから32年の長きに渡り檜舞台から遠ざかっていた日本代表は、確実にレベルアップしている。

 2010年、新潟県柏崎市に水球クラブチーム『ブルボンKZ』が発足し、全日体大(現キングフィッシャー74)との切磋琢磨が生まれたこと。多くの企業の支援によって選手たちがより水球に集中できる環境が整ったこと。そしてトッププレーヤーたちが水球の本場、ヨーロッパのクラブでプレーし個々のレベルが向上したこと――。そういったことが日本水球復活の背景にあるらしい。

『日本水球界・欧州組』の一人、新田一景(25歳)はブルボンKZとUZSC(オランダ・ユトレヒト)でプレーする日本代表選手だ。

「高校(金沢市立工業高)2年生ころからサッカーが好きになり、その影響を受けて『水球選手として自分もヨーロッパでプレーしたいなあ』と思うようになりました。また、2016年にU18日本代表としてアジアユース(優勝)、世界ユース(11位)に出たことも大きい。アジアユースでは大事なところでシュートを外してしまって『アジアでも自分は通用しないんだ』と痛感しました。世界ユースでも物足りなさが残った。『国際試合で活躍するために、自分は海外に出ないと』と思いました」

 新潟産業大時代にはモンテネグロとオーストラリアで、ブルボンKZ加入後はイタリアで武者修行を重ねた新田は、次なるチャレンジの場を探していた。2022年日本選手権でブルボンKZの一員としてプレーしたオランダ人選手ルーカス・ヒーレン(ドイツ代表を選択)に「俺、ヨーロッパでプレーしたいんだよね」と相談すると「それならば自分がプレーしていたUZSCに来れば良い」と移籍への流れを作ってくれた。2023年、福岡で開催された世界水泳で来日したアンディ・フーペルマンUZSC副会長の誘いもあって、今季から新田はUZSCでプレーすることになった。

「外国人枠がないのがエールディビジ(オランダ水球1部リーグ)の特徴です。UZSCにはハンガリー、ギリシア、そしてスロバキア人が2人いる。オランダは欧州で8番目くらいに強い中堅国。エールディビジは水球選手にとって登竜門のようなところで、ここからステップアップしていく。エールディビジにはチャンピオンズリーグ出場枠がなく、優勝するとユーロカップ――サッカーのヨーロッパリーグのようなものに出ます。自分はチャンピオンズリーグでプレーするためにヨーロッパに来ました。まず今季はUZSC(現在首位)で優勝してユーロカップの出場権を獲得するのが目標です」
  7つあるポジションのうち、「ゴールキーパーとストライカー以外、自分はどこでもプレーできるユーティリティが武器。日本でこんなにマルチなのは自分ぐらいです」と言う新田は、UZSCでは左サイドでプレーする。右利きの新田をここに置くということは、シュートを撃つことが求められている。

「左サイドでプレーする理由は、やっぱりゴール。目立たないと次のステップに繋がらないんで。外国人選手は、すごく点を取るか、それとも身体を張ってチームのために相手の反則を奪って『退水(20秒間、7人対6人のパワープレー。勝負の分け目になる)』を取ってくれるか――というのが肝になる。だから自分は今、左サイドで点を取る作業をしています。得点王、狙ってますよ」

 10月下旬、新田はUZSCを一時離脱して、ブルボンKZの一員として日本選手権に参戦した(ブルボンKZは3位)。
 「日本に帰ると、視野が広がったのを感じて、より周りを見ることができました。オランダの選手は体が大きいから、前から寄せられただけでプレッシャーを感じます。日本だとそのプレッシャーが弱まるので、落ち着きがだいぶ違ってきます。また、今年は水球日本代表で世界水泳、アジア大会、オランダではホーム・アンド・アウェーのリーグ戦を戦っているので、公式戦をやる機会が急に増えました。自分がレベルアップしたことを感じてます」

 アジア大会を好成績で終えUZSCに戻ってくると、チームメートは新田のことを「オリンピアン! オリンピアン!」と言って称えたという。苦笑交じりに新田は「まだ選考段階なんですけどね」と言った。

「もちろん、オリンピックに出たい。その思いは強い。しかし今はまだオランダにいるので、ここでレベルアップしたい」

 東京オリンピックは怪我のため不出場。前回は相当悔しい思いをしたはず。千載一遇の思いでパリ・オリンピックを待ちわびているのかと思いきや、新田は目の前のことに重きを置いていた。

「東京オリンピックのときは、まだ自分の実力が伴ってませんでした。怪我をしたのは確かですが、怪我がなかったとしても代表に選ばれなかったかもしれません。みんなが『オリンピックは一味違う』と言います。その舞台を人生で一度は経験したい。だけど、今は自分に矢印を向けている。最近、力が劣る相手に対して無意識に慢心が出てしまって、自分のプレーの質が落ちることがある。すべての試合が重要だと認識して、僕はプレーしないといけない。だから今はあまりパリ・オリンピックのことを意識していません」 今の日本代表は攻撃的な守備をするチーム。新田は右サイドでプレーする。相手のエースと対峙するポジションだ。
 「積極的な守備から攻撃に繋げるスタイルになったのが、自分が代表チームに入るきっかけになりました。僕の特徴はインターセプト。高校時代、マンツーマンではなく、相手選手の間にポジションを取って2人でボールを奪い切るディフェンスをしてました。そのときに培った感覚が今に生きてます」

 泳力も新田の武器。前からプレッシングすることで、日本はリスクを負って背後のスペースを敵に与える。相手はそのスペースを突いて攻めてくる。しかし、新田がスピードとスタミナを生かしてボールを拾う。

「スタミナには自信がある。UZSCでもブルボンKZでも、自分が一番泳いでいるという肌感覚があります。
 日本はヨーロッパの選手たちの体格に勝てないので、体をぶつけてマンツーマンで守るより、一つ賢い守り方をしないといけない。そういう考え方から、前からプレッシングして背後に敵を誘う守備をしています」

 来年2月、カタール・ドーハで世界選手権が開催される。目標はベスト8以上。

「日本はこれまで決勝トーナメント1回戦止まりで『ベスト8の壁』をまだ破れていないんです。セルビアはリオ、東京と2大会続けて五輪で金メダルをとっている国。そんな国を相手に福岡世界水泳では2ピリオドを終えた時点で1点差だったが、3ピリオド目で崩れてしまった。そういう負け方が多かったので、そこを改善してまずはベスト8以上を目指し、金メダルを狙っています」

取材・文●中田徹

【関連記事】「犬に引っ掻かれたようだ」水球豪選手の胸には複数の“傷跡”。中国戦後に披露した動画が波紋「酷い話だ」【世界水泳】

「泣くわけにはいかない。でも彼女を見たら…」池江璃花子と“感涙抱擁”の張雨霏が中国メディアに激白! アジア以外にも反響続々【アジア大会】

【関連記事】「めったに涙を見せない!」池江璃花子と張雨霏が交わした“美しき抱擁”に中国メディアも感銘!「スポーツは素晴らしい」【アジア大会】
 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル