top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

水球だけやっていればいいわけじゃない――日本代表・新田一景が“水球のまち”で育んだ「社会貢献したい」という強い思い

THE DIGEST

水球だけやっていればいいわけじゃない――日本代表・新田一景が“水球のまち”で育んだ「社会貢献したい」という強い思い(C)THE DIGEST
【水球日本代表・新田一景インタビュー 後編】

 オランダ・エールディビジの水球クラブ『UZSC』でプレーする新田一景はユトレヒト近郊のカフェでこう呟いた。

「あのときのメンバーとまたやりたいな」
  インターハイで全国を制した金沢市立工業高水球部は、部員たちが戦術を練っていた。パワープレーのバリエーションは1番から30番までナンバリングされ、大事な試合まで秘策をとっておきながら「今日は5番と11番と18番を使おう」と決めて目の前の試合に挑んでいた。

「だから相手に戦術がバレなかったんです」

 自主性を尊重するボトムアップ方式のチームビルディングで、日本の頂点に立ったことは、後の人生に向けて大きな自信になった。

「そこまで許容してくれる監督がいたから、自分たちも伸び伸びと水球することができました。面白かったです」

 顧問がブルボンKZの元選手だったこともあり、同クラブのU22に相当する新潟産業大への進学を新田は決めていた。そして彼は青栁勧に「大学に入ったら、自分はヨーロッパに行きたいです」と訴えた。

 青栁は2010年、新潟県柏崎市にブルボンKZを立ち上げた人物で、新潟産業大の教員を務めながら水球部の指導もしていた。現役時代は長年に渡り日本代表プレーヤーとして活躍すると同時に、スペイン、イタリア、モンテネグロの各国でプロとしてプレーした。

「まだヨーロッパの情報がない時代、青栁さんは筑波大を休学して単身スペインに渡り、何も伝手がないなか、飛び込みでクラブを探してチームを見つけた、すごいバイタリティーのある方なんです」

 当時のブルボンKZはモンテネグロの名将、ランコ・ペロビッチが監督を務めていた。

「大学1年のとき、ランコがモンテネグロのクラブを紹介してくれたんです。試合には出られなかったんですが、練習が日本とは180度違っていた。当時の経験は自分の水球のベースになってます」

 日本の水球は「水泳競技の一つ」という概念から、泳ぎ主体の練習メソッドだった。しかし、モンテネグロは攻防時の基本となる立ち泳ぎの技術を重視した練習がメインだった。

「モンテネグロで足の練習をしたことによって自分のプレーの幅が大きく広がり、見える世界もガラリと変わりました」

 ティーンエイジャーでヨーロッパに出て武者修行した経験は、今も新田のプレーに生きている。日本人の中でも体格の劣る彼は、水球の本場で習得した足の技術を生かし、ひと蹴りで移動する距離を伸ばすことによってプレーエリアを広げている。
  モンテネグロ代表監督を指揮したペロビッチとブルボンKZの縁――。それはペロビッチがクラブチームを指導していたとき、ライバルチームの選手に青栁がプレーしたことで生まれたのだという。そのつながりからペロビッチはブルボンKZに招聘され、18年にはクラブ史上2度目となる日本選手権優勝に導いた。その指導を学生時に経験した新田はこう振り返る。
 「ランコは足の技術の練習をよく知った上で、日本のスタイルに合わせながらスイムの練習を取り入れた。4月にチームが始動し、日本選手権に向けて仕上げていく中、自分たちが勝つことを突き詰めて日本の練習も取り入れたんです。周りの環境に合わせながらチームを強化した一流の指導者です。ブルボンKZは今もランコとコンタクトを取って、情報をアップデートしています」

 U22に相当する新潟産業大を卒業すると、新田は自然の流れでトップチームのブルボンKZに入団した。UZSCでプレーしながらも、今もブルボンKZに籍を残す新田の柏崎での生活は7年に及ぶ。

 柏崎は「水球のまち柏崎」を謳って市を挙げてこの競技を支援している。18年にブルボンKZが日本一になったときには優勝を記念するパレードが実施され、沿道には1500人もの市民が駆けつけたという。近年は、東京で開催される日本選手権に出場するブルボンKZを地元から応援するために、市役所の多目的室でパブリックビューイングが開かれている。

「柏崎の水球の盛り上がりは、日頃から本当に感じていることです」とオランダのカフェでしみじみと新田は言う。

「柏崎市役所の部署に『水球のまち推進室』があって、水球の情報をいろいろと発信してくれています。おそらく他の自治体ではないことだと思います。日本代表がアジア大会で優勝したときにはブルボンから出場した3選手1コーチの懸垂幕を作って市民プラザに掲示し、それを見た人たちが自分たちの顔を覚えてくれて、街を歩いていると声をかけられたりするんです。周りの人の応援を日常から感じています。自分たちも水球だけやっていればいいという考えが少なくなってきて、社会貢献したいという思いが強まっています。
 応援されるようなチームになるにはどうすれば良いのか。そういうところで自分たちは積極的に地域活動に参加しています。柏崎は日本海沿いの町ですので、海岸の清掃活動はその一つ。また、自分たちは小学校で水球の授業もやっています」 小学校でのブルボンKZの選手たちが行なう水球の授業では、子どもたちに先ず泳ぐことを教え、それから水球(水球を模したボール遊びに近いという)に進む。

「子どもたちは水の中でボールを使うだけでも楽しい。そこから自然に(水難などから)自分の身を守ることを学べるんだったら、それはとてもいい時間なのかなと思います」
  市民の一人としてブルボンKZのトップアスリートが学校に赴いて水泳・水球を教える授業の評判は上々のようだ。

「柏崎の小学校を最近卒業した生徒たちは、全員学校で水球を経験しているぐらい、学校から受け入れられている。『水球の授業をやってください』という小学校がほとんどですね」

 子どもたちは家に帰ると家族に「今日、水球の選手が学校に来てくれて水泳・水球の授業をやってくれたんだよ」と言う。

「自分がお菓子屋さんとかに行くと、そこのおばあちゃんが『孫のために水球の授業をやってくれて、ありがとう』という会話が生まれるんです。水球で人から感謝されることは、これまでなかった」

 水球・水泳を子どもたちに教えることによって、感謝の気持ちが彼らに返ってくる。

「社会貢献活動の重要性を柏崎に来て知りました」

 一流プレーヤーとしての活躍だけでなく、こうした活動の大切さもぜひ知ってほしい。そう新田はオランダから願っている。

取材・文●中田徹

【関連記事】パリ行きを決めた「水球日本代表」を支える欧州組の一人、新田一景がオランダで目指すCLと五輪出場「レベルアップを感じてます」

【関連記事】「犬に引っ掻かれたようだ」水球豪選手の胸には複数の“傷跡”。中国戦後に披露した動画が波紋「酷い話だ」【世界水泳】

「泣くわけにはいかない。でも彼女を見たら…」池江璃花子と“感涙抱擁”の張雨霏が中国メディアに激白! アジア以外にも反響続々【アジア大会】
 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル