top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

忘れ物が多い子どもに悩む親へ。元保育士おすすめの対策法やアドバイス

ファンファン福岡

「うちの子持ち物の管理が上手にできないな」「また忘れ物している!」小学生の子どもに対してそんな悩みを持つ親も多いはず。元保育士ライターもそんな親の一人です。いつまで子どもの持ち物を確認するべきなのか、何か適切なサポートの仕方はないのか、今回は忘れ物が多い子どもへ対策法について考えてみました。

なぜ忘れ物をしてしまうの?

写真AC

そもそも、子どもが忘れ物をしてしまうのはなぜなのでしょうか。その理由や背景はいくつかの要因が重なることで起きているかもしれません。性格?遺伝?まずはお子さんが忘れ物が多い理由を考えてみましょう。

整理整頓が苦手

自分の部屋や、机の中など整理整頓が苦手な子は、どこになにがあるかを把握しておらず、物の管理が上手にできていないことが多いです。

学校のプリントや提出物を机の中に入れっぱなしにしており、気づいた時には奥の方でぐちゃぐちゃになっているなんてこともあるでしょう。整理整頓ができていないと、持ち物は覚えていても、どこにあるのかが見つけられず結果忘れ物が多くなってしまうということも。

持ち物を確認をしない

めんどくさがりな性格や、楽観的な子は、前日に持ち物の確認をせず「大丈夫! 大丈夫!」「明日やるからなんとかなるよ」などときちんと持ち物の確認をしないことが習慣化しているかもしれません。

広告の後にも続きます

大人からしたら、数分で終わる準備がどうしてできないのかとも思ってしまいますが、本人が気にならないのですから持ち物チェックをしないのです。

忘れても気にしない性格

子どもの性格はさまざま。一度忘れ物をしてしまって先生に怒られたり、自分自身で困った経験をすると次からは直そうと思う子もいるでしょう。しかし、忘れ物して怒られてもあまり気にならずあっけらかんとしている子も。

そのような場合は、子ども自身が困らないのでなかなか治らず忘れ物が続いてしまいます。

時間がなくて急いでいる

朝起きるのが遅い子や、のんびり支度をしている子は登校時間がギリギリになってしまうことも多いのではないでしょうか。そのような時は親に急かされたりして子どもも慌ててしまい、うっかり忘れものをしてしまう場合も。

夜は習い事で忙しく、ゆっくりと前日準備ができないまま寝てしまうということもあるでしょう。

親の過干渉・過保護が原因

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(くらし)

ジャンル