top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

秀吉の朝鮮出兵で李氏朝鮮から強制連行され、千姫に仕えた武士・染木正信【どうする家康 外伝】

Japaaan

天下を一統したならば、唐天竺まで攻め入らん……という訳で、豊臣秀吉の飽くなき野望によって晩節を汚してしまった朝鮮出兵(文禄の役・慶長の役)。

古来戦場の習いとて、女子供も乱取り次第……と、少なからぬ人々が李氏朝鮮から連行されたそうです。

今回はそんな一人・染木正信と姉の染木早尾を紹介。果たして彼らは、どんな生涯をたどるのでしょうか。

姉と共に天樹院(千姫)の元で仕える

染木

先祖は朝鮮の人にして、姓は李氏なり。正信本朝にいたり、天樹院様方につかへ、おほせによりて染木を称す。

※『寛政重脩諸家譜』巻第千五百七 未勘 染木

染木正信は生年不詳。元の姓は李、名前は不明です(以下、便宜上「染木正信」で統一)。
家族は名前の分からない姉(のち早尾)がいました。両親や他の兄弟姉妹についてはよく分かりません。

朝鮮出兵に際して片桐且元に姉とともに捕らわれ、日本へ連行されました。

広告の後にも続きます

且元が出陣したのは文禄の役(第一次朝鮮出兵。天正20・1592年~文禄2・1593年)のみ、且元の帰国が文禄2年(1593年)9~10月と言われるため、その頃日本へ渡ったのでしょう。

その後、千姫(天樹院。徳川家康の孫娘)が豊臣秀頼(秀吉の遺児)に嫁いで大坂へやって来た際、且元は姉弟を彼女の召使いとして献上しました。

時は慶長8年(1603年)、姉弟はそれぞれ唐人風の装いで引き出されたと言います。

このことから、正信はまだ元服しておらず、歳のころは10代前半(~15歳)と見ていいでしょう。

そこから逆算して、染木正信の生年は天正18年(1590年)ごろと考えられます。

「これからは姫様の御為、忠義を尽くして参りまする」

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル