top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

ビートたけし流ジョークも笑えないオフィス北野の厳しい現状

女性自身

12月26日深夜、ビートたけし(71)とたけし軍団メンバーによる深夜の生放送企画「ビートたけしの独立してマージン分ギャラ下げるからあと2回ヤラせてTV」(TBS系)が放送された。

 

たけしといえば今年3月に「オフィス北野」から独立し、新会社「T.Nゴン」を設立した。

 

同番組にはオフィス北野から同社に合流したアル北郷(47)、オフィス北野退社の意向を発表した浅草キッドの玉袋筋太郎(51)、オフィス北野の新社長となったつまみ枝豆(60)、同新専務のダンカン(59)らが出演。たけしの発言が注目されていた。

広告の後にも続きます

 

たけしはオフィス北野について、「たけし独立とか書かれて。俺が作った会社じゃねえかよ。手前が作った会社自分で潰して何が悪いんだ」と話し、「あっ、潰したわけじゃないんだ」とノリツッコミ。

 

さらに枝豆やダンカンに対し、「ストリップ劇場の社員みたいなもん。警察に踏み込まれたら代わりに捕まる役割」と発言した。

 

これもたけし流のジョークといえるが、実際にオフィスは笑えない状況にあるという。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング

ジャンル