top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

桁違いに暖かいという「イオンのあったかウェア」ってどうなの? ユニクロの超極暖と比べてみた / ピースフィットウォーム超厚地

ロケットニュース24

やっぱり師走は師走である。11月は夏のような陽気もあった2023年だが、12月に入ると一転。しっかり寒くなったため、暖かグッズを買いに走った人も少なくないだろう。冬は冬、寒いものは寒い!

さて、今の時期いろんなところがいろんな商品を出しているが、イオンでなかなか強気なものが売られているのを見つけた。その「ピースフィットウォーム超厚地」は別格保温で桁違いに暖かいらしい。ほぅっ……!

トップバリュブランド

どれだけのポテンシャルを秘めているのか、気になったので買ってみたのが今回の話だ。トップバリュブランドであるピースフィットウォームはこれまでにもあったが、今年の冬から上に書いた「超厚地(キッズの取り扱いはなし)」が加わった。

んでもって暖かさの秘訣、それはズバリ三重構造にあるらしい。なんでも、空気層を作ることで保湿性をアップしているのだそうな。

ちなみに中国製で素材はナイロン55%、アクリル30%、レーヨン15%。値段は2838円だった。比較するために用意したユニクロの超極暖が2990円だから、ほとんど差がないと言っていいだろう。

・超極暖の詳細

広告の後にも続きます

ではユニクロの超極暖はどうだ。もはや見慣れた感もあって冬の代名詞的な存在になったが……

こちらはベトナム製でポリエステル33%、アクリル32%、レーヨン21%、ポリウレタン14%といろんな素材が組み合わせられている。トップバリュがナイロンメインなのに対し、ユニクロはポリエステルとアクリルが同じくらい使われていた。

・両者を比較

それでは実際に見て、触って、そして着て比べてみよう。

まず見た目はともに「冬によくあるタイプのインナー」といった感じで大きな差はない。やはり気になるのは暖かさ。これ系は着た上に動いてみないと分からない部分も多いから、それぞれ数日ずつ使ってみた。

で、肝心の違いはあったのかというと……ぶっちゃけ、着心地が全然違った。

というのも、裏起毛で暖かいところこそ同じだが、トップバリュの方が首元をはじめ全体的にガチッとしている印象を受けたのだ。一方のユニクロは包み込んでくれるような感じでフワッとしているというか、優しさみたいなものを感じる。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング

ジャンル