top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

「昼下がり」って何時のこと?【日本語クイズ】

マイナビウーマン

「昼下がり(ひるさがり)」という言葉はよく使われていますが、具体的な時間帯がいつか分からない人も多いのではないでしょうか?

この記事では、昼下がりの意味と時間帯はいつなのかを解説。また、似た言葉で使われる「午後いち」との違いを紹介します。

■「昼下がり」とは何時のこと?

昼下がりと呼ばれる時間帯は、ずばりいつ頃なのでしょうか? 昼下がりの時間帯と辞書での意味をご紹介します。

◇「昼下がり」の意味

広告の後にも続きます

辞書では「昼下がり」という言葉について、以下のように記載されています。

ひる‐さがり【昼下(が)り】 読み方:ひるさがり

正午を少し過ぎた頃。

出典:『デジタル大辞泉』(小学館)

かなりざっくりとした解説ですよね。というのも実は「昼下がり」の時間は正式に定められていません。そのため昼下がりは、人によって感覚が違うことも珍しくないのです。

人によっては12~14時頃までと考える場合もあれば、15~ 16時頃まで、中には陽が落ちるまでは昼下がりだと感じる人もいるかもしれません。

そのため、待ち合わせや時間を伝えたい言葉としては、「昼下がり」ではやや不適切。相手の受け取り方が異なるため気をつけましょう。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(くらし)

ジャンル