top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

ビクトル・エリセ31年ぶりの長編新作「瞳をとじて」、予告編と著名人コメント到着

キネマ旬報WEB

 

巨匠ビクトル・エリセが「マルメロの陽光」(1992)以来31年ぶりの長編新作として、元映画監督と失踪した俳優の【人生】と【映画】をめぐる物語を紡いだ「瞳をとじて」が、2月9日(金)よりTOHOシネマズ シャンテほかで全国順次公開。濱口竜介・岩井俊二・細田守のコメント入り予告編、著名人コメントが到着した。

 

 

広告の後にも続きます

〈コメント〉

濱口竜介(映画監督)
『瞳をとじて』は徹頭徹尾「座っている人間にどうカメラを向けたらよいのか」を問う。そのとき、彼と彼女の「顔」をどう撮ればよいのか。最もシンプルで、もしかしたらつまらない、解けようもない問いに、ふと答えが与えられるような時間が長い旅の果てに訪れる。『夜の人々』『リオ・ブラボー』、そして何よりも『ミツバチのささやき』…、自分自身が映画史そのものである人だけができるやり方で、エリセは失われた記憶を甦らせようとする。その苦闘があまりに切実で、深く胸を打たれた。

岩井俊二(映画監督)
「ミツバチのささやき」「エル・スール」を観たのが学生時代。いつかこんな映画を撮ってみたいと思った、そんなビクトル・エリセの三作目の劇映画にはスマホがあり、フィルムは過去の産物のように描かれる。
フィルムの中に失踪した俳優の瞳に映るフィルムという迷宮。エリセ自身のフィルモグラフィの空白とも重ね合わせると、僕如きに拙速な答え合わせなどできるはずもなく。

鈴木敏夫(スタジオジブリ)
フランコの独裁政治が終わった後、人々はどう生きたか?
それがこの監督の一貫したテーマだ。
ぼくの横でこの映画を共に見たMさんはこう感想を述べた。
「荘重な映画だ」「刺激を受けた」。

細田守(アニメーション映画監督)
佇む少女の、人間を超越したかのような眼差しが、あの頃と同じく私の胸を射抜く。
ただ目を閉じて、瞼の裏に浮かぶ像に思いを馳せるしかない。

 

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(映画)

ジャンル