top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

『魔女の宅急便』の著者・角野英子による最新作は愛おしい88年間をつづった食エッセイ『おいしいふ~せん』🎈

Pouch[ポーチ]

『魔女の宅急便』シリーズや『小さなおばけ』シリーズなど、国境や世代を超えて愛される作品を手がけてきた角野栄子さん。

児童文学作家として活躍するいっぽう、エッセイ集も数多く出版しています。

最新作となるショートエッセイ集『おいしいふ〜せん』のテーマは “食” です。増刷もされた、気になる本の中身をちょっと覗いてみませんか……?

【どんな本?】

2023年11月7日にNHK出版より発売された『おいしいふ~せん』(税込み2035円)。

著者の角野さんは御年88歳! 過去から現在までの日々を、 “食いしん坊日記” と称した56のエッセイにつづっています。

広告の後にも続きます

目次には興味深いタイトルでいっぱい。そのひとつひとつを辿っていくと、

・たんぽぽの汁を吸って亡き母を想った子ども時代
・弟と1個の卵を分け合った戦時下
・初めての味に驚きの連続だったブラジル生活
・『魔女の宅急便』の読者から届いたゆすらんめのジュース

といったお話が待っています。

たんぽぽの汁って、どんな味なんだろう。ゆすらんめのジュースってなあに。そんなふうに思いを馳せながら、1編ずつ大切に読みたくなっちゃいます。

【イラストも可愛らしい!】

角野さんならではのユーモアと温かみにあふれる文章もさることながら、オールカラーで仕上げた手描きイラストも必見です。

遊び心に溢れた、親しみと愛嬌を感じる装丁。可愛らしいサイズ感。そのすべてに、多くの人が心癒やされることでしょう。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(くらし)

ジャンル