top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

市毛良枝インタビュー 「越路吹雪さんと岩谷時子さんの歩みは、日本の文化史そのもの」 音楽のある朗読会「あなたがいたから~わたしの越路吹雪~」開催

ガジェット通信

俳優の市毛良枝さんが、音楽のある朗読会「あなたがいたから~わたしの越路吹雪~」を開催します。昭和の大スター越路吹雪と、そのマネージャーであり希代の作詞家・岩谷時子の物語を音楽とともに綴ります。

市毛さんは以前ドラマで岩谷時子さんを演じており、岩谷時子没後10年の2023年、再び岩谷時子として愛と葛藤の日々を語る、音楽のある朗読会を上演することに。ご本人にその魅力をうかがいました。

■公式サイト:https://www.amuse.co.jp/artist/A8448/ [リンク]

●今回開催の<音楽のある朗読会「あなたがいたから~わたしの越路吹雪~」>は、昭和の大スター越路吹雪さんではなく、そのマネージャーであり希代の作詞家・岩谷時子さんにスポットを当てたお話だそうですね。

越路吹雪さんという日本の象徴のようなある時代を彩ったエンターテイナーと、当時マネージャーと言われ、作詞家でもある岩谷時子さんとの出会いと別れまでを描きます。わたしが演じる岩谷時子さんの死の直前までを演じるのですが、その間にあったエピソードをつなげた朗読劇です。

広告の後にも続きます

なので、基本的にはわたしが岩谷時子さんを演じているのですが、時々越路吹雪さんになったり、ほかの人にもなったりするので、ひとりでいろいろなことをしなければならないんです。音楽も越路さんの曲は流れますが、歌詞のある楽曲は出てこない。演奏、メロディーだけで公演します。

●岩谷時子さんとは、どういう方だったのでしょうか?

岩谷さんは、もともと宝塚歌劇団の機関誌である「歌劇」に投稿していた方で、わたしの友だちも投稿していて掲載されたことがあるんです。なので、わたしの友だちみたいな方が、あのようになっていった、という感覚もあるんです。とても近い感じがしました。このあたりのエピソードは、もう当時みんな知っていることではありましたね。しかも岩谷さんの音楽が讃美歌や教会音楽がベースにあり、わたしの家もそうだった。どこかわたしの青春時代ともリンクするような感じですね。

●越路さんと二人三脚で歩まれ活躍されたものの、越路さんのマネージャーという立ち位置は崩さなかったと聞いています。

越路さんが上京する際に岩谷さんも同行されていたわけですが、岩谷さんがいなければ越路さんの活躍もなかったと言われるくらい、支え続けた方です。当時は政財界の方たちも越路さんを応援していたようで、そういう方々とも岩谷さんが直接さまざまな交渉ごとをなされ、それにより越路さんがあれだけ大きく輝く存在になっていったという。つまり、日本の文化史みたいなところもあるんです。今とはまったく違う時代ですよね。

●そして実は作詞家としても著名ですよね。膨大な数の作品が残されています。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング

ジャンル