top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

漫画村開設者・星野ロミがオンラインプログラミングスクール開校を発表「国際指名手配されるぐらいの技術をすべて教えます」

yutura

海賊版の漫画サイト「漫画村」の開設者「星野ロミ」(登録者数2.7万人)が、オンラインプログラミングスクールの申し込み受付開始を発表しました。

オンラインプログラミングスクール「漫画村を作ろう!」開校

「漫画村」は、最盛期には月間1億人のユーザーが利用していたとされ、その影響力の大きさから社会問題にまで発展したサイトです。開設者の星野ロミは、他にアダルトビデオのサイト「ShareVideos」を運営していたことでも知られています。

2019年にフィリピンで拘束された星野は、日本へ強制送還され、2021年に著作権法違反と組織犯罪処罰法違反の罪で懲役3年などの実刑判決が言い渡されました。その後、昨年11月に仮釈放され、12月にYouTubeチャンネルを開設しています。

そんな星野は12月7日に公開した動画で、今年2月頃に告知していた「漫画村を作れるプログラミングスクール」が近日開始されることを発表。自身も講師を務めるそうで、ウェブサイトの作成やSNS活用法のノウハウを詰め込んだスクールだと紹介します。

「スキルはないけど稼ぎたい」といった問い合わせをよく受けるという星野は、「正直、スキルもないのに稼げるわけがない」と断言。稼ぐためには学歴やスキルなど武器がないと稼げないと語ります。そして、自身が提供できるものを考えたときに「物を作って伸ばす」技術を提供したいと考えたといいます。

広告の後にも続きます

「漫画村を作れっつってるわけじゃないですよ」と星野は念押しし、「あくまで技術を提供して皆さんにスキルを身につけてほしい」と思いを口にします。

2月にX(旧ツイッター)に告知後、初心者でも挫折しないようにするための作り直しなどを行っていた結果、完成が遅れてしまったと説明。こうした試行錯誤もあってか、「自分の持ってる物を注ぎ込んだスクールになりました」と星野は自信を見せます。

「国際指名手配されるぐらいの技術をすべて教えます」

受講料は月額2万500円とのこと。他のオンライン教育プラットフォームでも同じぐらいの費用がかかるうえ、無制限の質問フォームがあることや、ウェブ制作における一連の流れを学べることから「かなりお得」だと呼びかけます。さらに制作したウェブサイトなどを自身のXで無料で宣伝するともしているほか、受講生との意見交換会も実施するとしています。

スクールでは、今後ウェブサイトの制作方法を紹介した動画やAI活用などの他動画も順次投稿していくと説明。最初は完全初心者をターゲットにしているといい、「今、スキルがない人たちに学んでほしい」と呼びかけます。その後は「表に出ていない情報」も取り扱うとし、「プログラミングができるよって人はもうちょっと後で入ってほしい」と説明しています。

最後に星野は「国際指名手配されるぐらいの技術をすべて教えます」と改めて宣伝。「たくさんのお越しをお待ちしております」と締めくくりました。

再生
  • 1
  • 2
 
   

ランキング(動画)

ジャンル