top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

【追悼】若手映画俳優がテレビドラマに「一斉殴り込み」した山田太一作品/大高宏雄の「映画一直線」

アサ芸プラス

 脚本家の山田太一さんが、11月29日に亡くなった。享年89。テレビドラマ界の最高峰にいた人だ。主要な作品リストを見て、何本かが頭をよぎった。やはり1970年代から80年代が圧巻だった。

「藍より青く」「男たちの旅路」「岸辺のアルバム」「沿線地図」(以上、70年代)、「獅子の時代」「想い出づくり」「早春スケッチブック」「ふぞろいの林檎たち」(以上、80年代)などがズラリと並ぶ。

 どれも忘れがたいが、個人的に最も印象深いのは、1973年にTBS系列で放送された「それぞれの秋」だ。理由は内容そのものではない。登場した若手俳優たちの魅力が抜きん出ていたからである。

 小林桂樹、久我美子の両親に、林隆三、小倉一郎、高沢順子という子供たちの一家。桃井かおりと火野正平も登場した。小倉、高沢、桃井、火野が若手俳優である。

 魅力の源泉は、俳優たちがみなブレイク中、あるいはブレイク寸前の俳優ばかりだったことが大きい。加えて小倉、高沢、桃井は、映画との関係が深かったからだと思う。

広告の後にも続きます

 すでに映画にのめりこんでいた筆者からすると、タイミング的に、映画界の若手俳優がテレビドラマに一気に越境してきた感じがあった。ワクワクした。

 小倉は子役出身で、市川崑監督の「股旅」(73年)のあとの出演だ。ちょっと頼りない、おどおどした役が彼の個性を決定づけた。

 高沢はTOTOのCMが評判になってから、由美かおるのあとを引き継ぎ、「新・同棲時代~愛のくらし~」(73年)に主演していた。キュートだった。

 桃井に至っては、藤田敏八監督の2作品「赤い鳥逃げた?」(73年)、「エロスは甘い香り」(73年)で圧倒的な人気を誇り、若手女優No.1にのし上がっていた頃だ。「それぞれの秋」は、その勢いのピーク時の出演であった。

 小倉と同じく子役出身の火野は人気は出ていたが、「それぞれの秋」の斜に構えた演技が引き金になったかのように、翌年には「俺の血は他人の血」(74年)で初主演を果たす。そのような流れが、テレビドラマと映画でできていた。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル