top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

【B1第11節 見どころ】長崎とFE名古屋による矛盾対決…どちらが特徴を発揮できるか

バスケットボールキング

【B1第11節 見どころ】長崎とFE名古屋による矛盾対決…どちらが特徴を発揮できるか(C)バスケットボールキング

 クラブ創設からわずか3年でB1昇格を果たした長崎ヴェルカ。2023-24シーズンも快進撃は続いており、11勝6敗で西地区3位に位置する。今節はB1での2シーズン目を送るファイティングイーグルス名古屋とのホームゲーム。FE名古屋も4連勝で中地区3位と好調なだけに、白熱した好ゲームが展開されるだろう。

 前節の長崎は、敵地で佐賀バルーナーズとの“九州ダービー”に10点差で勝利。試合序盤から17-0のランを作って前へ出ると、ファストブレイクポイントでも佐賀の2点に対し、22点と差をつけて終始リードを保ち続けた。得点では23得点を挙げたジャレル・ブラントリーを筆頭に5選手が2ケタ得点を記録。序盤に流れを作った松本健児リオンは、11得点でキャリアハイを更新した。

 FE名古屋は、本拠地でサンロッカーズ渋谷とのロースコアゲームを制した。25-29でスタートした第3クォーターにエヴァンスルークが10得点を稼いで逆転に成功。総得点が61点にとどまったものの、それを下回る56失点に抑えて今シーズン10勝を挙げた。

 長崎県立総合体育館で迎える初対決の行方は、どちらがチームカラーを出せるかどうか。スピーディーな展開を重視し、1試合平均86.9得点を記録する長崎は攻撃型。対するFE名古屋は失点数が同73.7点と、B1屈指の守備力を誇る。ホームの長崎としては、攻守でスイッチを入れる馬場雄大に加え、得点感覚に優れる荒谷裕秀が持ち味を発揮して勝利を手繰り寄せたい。

 前節のアウェー戦で白星を手にした仙台89ERSは、本拠地に戻ってシーホース三河との対戦。チームは新加入の阿部諒が日本人スコアラーとして攻撃をけん引しており、得点力に厚みが出てきた印象だ。しかし、ディフェンス面では安定性を欠いているため、納得のいく守備を披露してホーム戦勝利を飾りたい。まずは三河の得点リーダーであるダバンテ・ガードナーをインサイド陣が抑えられるか。マルチプレーヤーのヤンジェミンの働きもカギを握る。

広告の後にも続きます

 ブレックスアリーナ宇都宮でも注目の一戦が開催。宇都宮ブレックスvs川崎ブレイブサンダースだ。宇都宮は、前節の秋田ノーザンハピネッツ戦で63-67と黒星を喫した。得点力の改善には比江島慎、D.J・ニュービル以外の選手の躍動が必要不可欠だろう。とはいえ、勝利のポイントは守備面。どこからでも得点が取れる川崎に対しても、宇都宮は生命線である堅守を発揮しなければならない。インサイドの守りでは、引き続き竹内公輔がキーマンだ。

 富山グラウジーズは、ホームで東地区首位のアルバルク東京に挑む。前節は横浜ビー・コルセアーズに100得点を献上して連勝ならず。それでも、攻撃では2試合連続で90得点を超える収穫もあった。今節はリーグトップの守備力を誇る相手に、どこまで攻撃が通用するか注目だ。ノヴァー・ガドソン、イヴァン・ブバの得点源2人を軸にしつつ、アウトサイドからは小野龍猛と野﨑由之が積極的に3ポイントシュートを射抜いて食らいつく。

文=小沼克年

■B1第11節試合日程
・富山グラウジーズvsアルバルク東京(@黒部市総合体育センター)
GAME1:12月9日(土)14時5分~ GAME2:12月10日(日)14時5分~

・広島ドラゴンフライズvs三遠ネオフェニックス(@広島サンプラザホール)
GAME1:12月9日(土)14時5分~ GAME2:12月10日(日)14時55分~

・秋田ノーザンハピネッツvs横浜ビー・コルセアーズ(@CNAアリーナ☆あきた)
GAME1:12月9日(土)15時5分~ GAME2:12月10日(日)14時5分~

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル