top_line

気持ちいい!サクサク進む爽快パズルゲーム
「ガーデンテイルズ」はここからプレイ!

【A東京vs長崎3連戦が激熱】ザック&雄大の元チームメート対談「リーグの熱をさらに高めましょう」

バスケットボールキング

【A東京vs長崎3連戦が激熱】ザック&雄大の元チームメート対談「リーグの熱をさらに高めましょう」(C)バスケットボールキング

――長崎はどんなチームですか?
馬場 B2から上がってきて、全てが初めてなのでチャレンジャー。成長率次第でどこまでもいけるチームだと思いますし、シーズン序盤でアルバルクのようなトップチームと戦えて、さらに成長できると思ってます。僕はプレースタイルを何も変えてないんですよね。本当にチームのやり方に僕のスタイルがフィットしています。
ザック 何回かビデオを見ました。本当に速い展開のバスケで、爆発力の塊というか、乗せたらめちゃくちゃ面倒くさいチームだろうなって思いますね。伊藤拓摩GMがHCの時に作り上げたものを、前田(健滋朗)HCがしっかり引き継いでるんだと思います。
馬場 それがヴェルカスタイル。5アウトのチームも多くはないと思うので、日本代表みたいに結果を出してリーグに新しい風を吹かせられると思ってます。あと、ファンがすごく熱狂的なんですよ。自分たちの声も聞こえなくなるくらい、ファンが声を出してくれる。対戦相手は嫌だろうなと思います。ザックさん楽しみにしててください。
ザック うるさければうるさいほど、黙らせるのが気持ちいいよね。

――アルバルクを倒す策はありますか?
馬場 僕たちのバスケをしたら勝てます。彼らのテンポに持っていかれなかったら負けないと思います。
ザック 長崎に限らず、相手がどこでも自分たちがどういうバスケをするか、自分たちのやりたいバスケを遂行できるかどうか。長崎に関しては本当に勢いに乗せない、速い展開でやらせないこと。長崎のホームはめちゃくちゃうるさいって今聞いたので、それを楽しみつつ全力でやりたいと思います。

――伊藤拓摩社長兼GMと伊藤大司GMの兄弟対決でもあるんですが、この2人について似てるところや、違うところはありますか?
ザック 似てる部分はたぶんいっぱいあるし、大司もGMになる時にお兄ちゃんにたぶんいろいろ相談して、やり方を学んでるんじゃないかなと思う。一番共通してるのはパッションかもしれないです。2人ともすごく熱い男のイメージがありますね。

――なるほど。では最後に、3連戦に臨む気持ちと、ファンへのメッセージをお願いします。
ザック 天皇杯は一発勝負で、リーグとはまたちょっと違う雰囲気になると思うし、その週末のリーグ戦はCSに出るための大事な2連戦。お互いのプレーがわかっていく中で、どれだけ我慢して正しい判断ができるか。あとは、ファンの皆さんの後押しもすごく大事になる。みんなで『ONE FOCUS】』で、1個の目標に向かって進んでいきたいです。
馬場 久しぶりにアリーナ立川立飛に帰れるので、ホームのようなアウェーのような雰囲気がすごく楽しみです。チームとしては、僕たちは1個ずつ積み上げてきている中で、B1でトップを走ってきたアルバルクさんに対して何ができるか、何ができないのかを試合を通じて明確にしていくことで、目標が近づいてくると思ってます。ザックさんもそういうタイプだと思うんですが、こういった環境を楽しんでいる姿をファンの皆さんにも見ていただきたいです。長崎のみならず、リーグのファンの皆さんが盛り上がってるので、その熱を広げていけるように頑張っていきたいです。

※次回は長崎の伊藤拓摩GMとA東京の伊藤大司GMの対談をお届け。三重県鈴鹿市に生まれ、ともに高校からアメリカに留学した伊藤兄弟のチーム作りのフィロソフィーなどを聞いていく。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル