top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

「天麩羅処ひらお」8つの謎を解く!〜ファンファン調査隊 地元企業大解剖 第9弾〜

ファンファン福岡

 福岡で40年以上愛され続ける天ぷら専門店「天麩羅処ひらお」(以下、ひらお)。その始まりは魚屋・肉屋・八百屋がそろう生鮮食品店でした。今回、そんな「ひらお」の意外と知らない謎に迫ります…!

ひらお 青柳社長を直撃!

ひらお 代表取締役 青柳正典さん

 地元民が足しげく通う、福岡の天ぷら専門店「ひらお」。意外と知られていない「ひらお」の秘密を代表取締役 青柳正典さんに聞きました!

【ナゾ1】「ひらお」の始まりを教えて!

 1977年、先代・河内健次郎さんが福岡市・東平尾に魚屋・肉屋・八百屋がそろう「河内商店」をオープン。その後、隣接地に大衆食堂「ドライブインひらお」を開店させ、定食や麺類を提供していました。店名の「ひらお」は地名の東平尾が由来です。

 当時「河内商店」を営んでいて「魚市場から鮮魚を仕入れられるし、さばく技術もある。天ぷらをしないか?」という声から天ぷらの提供を開始。定食のほか炉端焼きなども提供していましたが、その後業態を天ぷらに統一。1979年に「ドライブインひらお」から「天ぷらのひらお」となってスタートしました。
 ちなみに1号店は、現在の「ひらお 本店」(福岡市博多区)です。

なぜ店内に順番待ちのイスが?

 実は順番待ちのために作られたイスではなく、立って待つお客さんを見て“きついだろう”と思ったことがきっかけ。本店では店内に3列の行列ができ、お客さんがお客さんを案内していた頃もあったそう。お客さんを並べるためではなく、立って待つ人への気遣いから生まれました

【ナゾ2】「ひらお通」な天ぷらの食べ方ってあるの?

広告の後にも続きます

 実は「ひらお」の天つゆ少し濃いそうです。天ぷらを大衆料理のように、ご飯のおかずとして食べられるように濃く作られました。昔はどこも天つゆが薄味だったそうで、先代は天ぷらにソースをかけていたほど!
 天つゆは自家製で、日本中のこんぶ数十種の中から1種を選んでだしをとっています。

 大根おろしたっぷりの天つゆに天ぷらをどーんと付けてご飯にのせる、天丼のような食べ方が「ひらお通」の楽しみ方だそうです!

【ナゾ3】天ぷらのおいしさの秘密は?

 揚げ手(フライヤー)には約2年ほどの修業期間があります。まずは天ぷらを配る“配り手”を経験します。配る順番をはじめ、お客さんのタイミング、ペースに合わせて提供するなど、店内の状況を全て把握するための力を養います。※修業期間には個人差があります

天麩羅処ひらお 天神アクロス福岡店 店長 大石尚幸さん

 揚げ手になるためには天ぷらの衣作りから練習します。また、野菜、肉、魚それぞれ油への入れ方・揚げ時間が違うのも同店のこだわり。提供する食材(ネタ)は使用できないため、大根などを使って油に入れる練習も行うそうです。

【ナゾ4】エビ天が真っすぐ! その秘密は…?

 「ひらお」では、仕込みの時点でエビに切れ込みを入れています。また、揚げる時にもエビが真っすぐ揚がるように整えているとか。揚げる前に一手間を加えることで丸まらず、見た目も美しいエビ天に仕上がります!

【ナゾ5】「笑定食」ってなぜ「笑」なの?

 「笑(しょう)定食」は、2022年12月ごろから発売されているメニュー。コロナ禍で世の中が暗い時期だったので、”定食を食べて笑顔になってほしい”という思いから誕生しました。明太子(めんたいこ)、ホッケ、有頭エビ、イカ、野菜3品が味わえる贅沢(ぜいたく)な一品です。

「笑定食」1,100円(大名店、天神アクロス店 1,200円)
  • 1
  • 2
 
   

ランキング(グルメ)

ジャンル