top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

「昔はメンタルが弱くて…」日向坂46・金村美玖のこれまでとこれから

東京カレンダー

無類の鮨好きを公言して6年。「ようやく、ここまでたどり着けました!」と、とびきりの笑顔を見せたのは、日向坂46の金村美玖さん。

愛称は“おすし”。彼女が指す“ここ”とは、西麻布らしさ溢れる鮨店だ。

カウンターに座って好きな握りを味わいながら、アイドル・日向坂46のメンバーとしての胸の内を語ってくれた。


「港区の大人の女性を演じるには、まだまだ腕が足りません(笑)」


「愛称は、おすし」。ウィキペディアの人物欄冒頭に、そう記述されるアイドルは、きっとこの世にひとりしかいないだろう。

だからこそ、今回実現したシューティングは“奇跡の邂逅”と言っていい。なぜなら……。

「これまで何度も、“20歳になったら、何がしたいですか?”と聞かれてきた質問に、私はずっと『東京カレンダー』さんに出たいと、各所で話をしていたんです。

だから、今年の夏、自分たちの番組『日向坂で会いましょう』で東カレ風の写真を撮る企画をしてもらった時に、その夢は叶ったと喜んでいたら……。

まさかの、本家からのオファー!その上、大好きなお鮨!お話を聞いた時は、舞い上がりました(笑)」

しかも、カメラマンは番組でも実際に“東カレ風”を撮影してくれた方。会うなり「先日はありがとうございました!」と感謝を述べていた。

さて、港区。しかも西麻布はどんな印象?

「私はあまり訪れたことがない場所ですね。大人すぎてハードルが高いです」と語る。それでも冒頭のカットをはじめ、見事に“港区の大人の女性”を演じてくれた。

「まだちょっと腕が足りなくて、なり切れなかったような……。でも、お鮨を食べている写真は、ガチです(笑)。完全に素の表情です」

その言葉どおり、幸せオーラに溢れた“素”の金村さんの表情は、現場の全員を温かく和ませた。


日向坂46をけん引する金村美玖のこれまでとこれから


デビューして、6年。21歳ながらも、グループでは中堅どころ。

先輩に必死でついていく時期を経て、いまは受け取ってきたバトンを後輩へと継ぐ役割を自覚しつつある。



「20歳を越えてから、少し先のことやグループ全体のことを考えられる余裕が出て来たのかな、と思います。昔はすごくメンタルが弱くて、メンバーに甘える部分、迷惑をかける部分も多くて。

でもやっぱり、時間が解決するというか。目の前のことを頑張っているうちに、慣れてきたんだと思います……と言いつつ、毎日悩むことの連続ですけど(苦笑)」

以前はよく「六本木ヒルズ」の展望台で自分を奮い立たせていたという。

「埼玉出身と言うと、東京と近いじゃんって思われがちなんですけど、自分からすると“出てきた”感覚なんですね。で、展望台から東京を見渡すと、自分はこんな狭い世界に生きてるんだ、と感じるんです。

いっぱいビルが建ち並んで、大勢の人が人生を生きている中で、私の悩みなんてちっぽけだな、と思えるんです」

自他共に認める、不器用で喜怒哀楽を隠せない性分。完璧を追い求め過ぎてしまうところも、自分の短所だと自覚している。

だから、個性豊かな日向坂46のメンバーたちの活躍を誇らしく思うのと同時に、自分と比較して落ち込むことも多いという。

だが、その気持ちをバネに頑張って来たからいまがある。センターというポジションも経験済みだが、また再び立ちたい。そんな、秘めたる思いも打ち明けてくれた。

「前回のセンターも、十分やり切りました。でも、年も経験も重ねて、いまは過去の自分とはまた違うはず。さらに別の表現ができるんじゃないか、そう思うからこそ、機会をいただけたなら全力で乗り越えたい」

“乗り越えたい”という表現の裏には、負荷があってこそ成長できるという手応えがあるからだ。

「最初は無理だと思うことも、クリアできると、またひとつランクアップできたなって感じられる。いままでずっと、そういうことの連続です」


「新しいアルバムの楽曲を早くライブでお披露目したい!」


約3年ぶりに発売された日向坂46のセカンドアルバム『脈打つ感情』。この制作にも熱い思いがある。



「日向坂46として4年が経ちましたが、さらにブーストをかけるアルバムです。私たちグループが最も輝くのは、やっぱりライブです。そのライブがパワーアップできるような、そんな楽曲が収録されています。

個人的にはキャプテンの佐々木久美さんがセンターを務める『君は0から1になれ』を早くお披露目したいです!」

グループを率いるキャプテン、佐々木久美さんは彼女が憧れる“大人の女性像”そのものでもある。

だが、尊敬する先輩の背中を見る度に自分の未熟さも痛感するという。

「私はアイドルっぽくないアイドルだと思います。

感情が乗っている時はいいけれど、逆に落ち込む時もそのまま出てしまっていると思います。常に一定のクオリティを保つのがプロのアイドルかもしれませんが、私には難しくて。

でもありがたいことに“おひさま”(日向坂46のファンの愛称)の皆さまはそんな私でも応援してくださる。だからこそ、せめて人として魅力的な人間になりたい」

この1年、積極的にひとり旅に出かけたのも、大袈裟に言えば、“自分探しの旅”だったのかもしれない。

「北海道、静岡、長崎の五島、神奈川の海、ベトナム……。いろんな場所に行きました。そして、いろんな景色、人に出会う度に、心と体の隅々まで感性が潤うというか、満ちていくような感覚になって。

すると不思議と今度はアウトプットしたくなる。その繰り返しが楽しいですね」

運転免許は持っていないので、目的地まではローカル線やバスを乗り継ぐという。時間こそかかるが、それも彼女にとっては無駄な道のりではないのだ。

アイドルとしての金村さんも、きっと同じ。決して器用ではないが、いつか必ず目的地にたどり着く。きっと、自信に満ちた彼女を見る日は、そう遠くないはずだ。


■プロフィール
金村美玖 2002年生まれ、埼玉県出身。2017年、『けやき坂46追加メンバーオーディション』に合格し、デビューを果たす。2021年、6thシングル『ってか』において自身初の表題曲のセンターポジションを務める。女性誌『bis』ではモデルとして、グループの冠番組『日向坂で会いましょう』ではバラエティにも挑戦。11月8日にリリースされたばかりのセカンドアルバム『脈打つ感情』も好評発売中。

■衣装
ジャケット 35,200円、ブラウス 27,500円、スカート 46,200円〈すべてSov./フィルム TEL:03-5413-4141〉、バッグ 52,910円〈カフネ shop@ca-fune.com〉、ペンダント 514,800円、リング 555,500円、イヤリング 385,000円、バングル 425,700円〈すべてTASAKI TEL:0120-111-446〉


▶このほか:「ダメな部分や弱い部分も肯定したい」広瀬アリスが語る、充電期間が彼女にもたらした変化とは




東京カレンダー最新号では、金村美玖さんのインタビュー全文をお読みいただけます。
東カレに語ってくれた、日向坂46のキャプテン・佐々木久美さんへの想いとは?

アプリのダウンロードはこちら(iOSの方・Androidの方)から。


 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル