top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

Juice=Juice、日本武道館で結成10周年ツアーファイナル!植村あかり「個性を皆さんに愛してもらえるように頑張っていきたい!」

HOMINIS

今年で結成10周年を迎えたハロー!プロジェクトに所属するJuice=Juiceが、12月6日に東京・日本武道館で単独ライブ「Juice=Juice 10th Anniversary Concert Tour 2023 Final 〜Juicetory〜」を開催した。

9月からアニバーサリーイヤーをお祝いするツアー「Juice=Juice 10th Anniversary Concert Tour 2023 〜Juicetory〜」を行っており、本公演はツアーファイナルと銘打たれて実施。全国50以上の映画館でライブビューイングも開催。多くのファンに祝福されるなか、結成10周年をお祝いするツアーを締めくくった。※今年5月に加入した、新メンバーの川嶋美楓は「突発性難聴」と診断されたため本公演は欠席。

「Juice=Juice 10th Anniversary Concert Tour 2023 Final 〜Juicetory〜」より

最新シングル『プライド・ブライト』で本編がスタート。高い歌唱力と表現力を持つ段原瑠々の歌い出しで、一曲目の冒頭からファンを引き込んでいく。

2曲目はライブの定番ナンバー『Next is you!』。同曲はJuice=Juiceが主演を務めたドラマ「武道館」(2016年放送)で、彼女たちが演じたアイドルグループ「NEXT YOU」名義で発表された楽曲。夢である日本武道館の舞台を目指す姿を描いた作品で、まさに日本武道館公演で披露するにふさわしい一曲だ。

続く『プラトニック・プラネット』でも、彼女たちの持つ高い歌唱力と表現力をいかんなく発揮。ハロー!プロジェクトきってのパフォーマンス力をファーストターンから、惜しげもなく披露していく。

広告の後にも続きます

最初のMCでは、リーダーの植村あかりが「日本武道館にお集まりの皆さん!こんばんは!」と挨拶。川嶋美楓の欠席にも触れ「気持ちは11人で最後まで楽しんでいきたいと思います」と語り、ステージに上がるのは10人だが、気持ちは11人でパフォーマンすることを誓っていた。

また、サブリーダーの段原瑠々は「ベストセレクションアルバム『Juicetory』を引っ提げて9月から回ってきましたが、今日が千秋楽。10周年イヤーを過ごしてきましたが、今日も最高の思い出を皆さんと作りたいと思います」と、日本武道館公演にかける想いを語ってくれた。

続くターンでは『Dream Road~心が躍り出してる~』『FUNKY FLUSHIN’』『ノクチルカ』『Va-Va-Voom』を続けて披露。10人が紡ぐ見事なハーモニー、「Va-Va-Voom」のサビ前の松永里愛の歌唱など、グループだけでなく各メンバーの見せ場もたっぷりで、会場に訪れたファンの声援をさらに大きいものにしていく。

今回のライブは10周年を振り返るセットリストということもあり、MCで井上玲音が全ての楽曲に携わってきた初期メンバーの植村あかりに話題を振ると、植村は「私も久しぶりにやった楽曲が多く、振り付けとか覚えていなかったり、昔とは全然違うユニゾンだったりするので、新しい曲を歌っているような感覚」と笑顔をみせていた。

MCの後は、植村あかり、段原瑠々、井上玲音、工藤由愛、松永里愛の先輩メンバー5人で『ブラックバタフライ』を歌唱。情熱的で妖艶な世界観の楽曲を華麗に歌いあげ、続く『初めてを経験中』では、有澤一華、入江里咲、江端妃咲、石山咲良、遠藤彩加里の後輩メンバー5人がパフォーマンス。年下組のフレッシュさで、先輩に負けじとグループきってのキュートなナンバーを披露し、彼女たちの持つ表現力の幅の広さを感じさせてくれる。

その後は10人編成に戻り『POPPIN’ LOVE』『TOKYOグライダー』『生まれたてのBaby Love』と歌いあげる。なかでも印象的だったのは『生まれたての〜』における、段原瑠々と松永里愛のアレンジを効かせたサビの歌唱。ラストの工藤由愛のフェイクなど、CD音源では体感できないライブだからこそのパフォーマンスに、大きな拍手と歓声が起こっていた。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング

ジャンル