top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

四十九日が終わるまで「してはいけない」5つのこと

マイナビウーマン

四十九日の間にしてはいけないとされる事柄があることを知っていますか?

さまざまな事柄が挙げられますが、今回は年末が近づくこの時期だからこそ押さえておきたいポイントに絞って紹介します。

■四十九日までしてはいけないこと

さっそく、四十九日が明けるまでの間には控えた方がいいとされることを見ていきましょう。

◇(1)お歳暮を贈る

広告の後にも続きます

お歳暮を四十九日までの期間中に贈ること自体は、絶対にNGというわけではありません。お世話になった方に感謝やお礼の気持ちを伝えるための贈り物であり、お祝いの意味は込められていないためです。

ただ相手が忌中の場合、相手先はまだ慌ただしかったり、故人を亡くした悲しみに暮れていたりすることもあるため、贈るタイミングは考えた方がいいでしょう。気になる場合は相手方にお歳暮を贈っても良いか確認するといいかもしれません。

◇(2)年賀状を出す

四十九日が明けるまでは、年賀状という新年のお祝い事につながる行為をしないよう注意しましょう。

喪中は、「あけましておめでとうございます」のあいさつを交わしたり、年賀状を出したりするのは控えるのが基本とされています。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(くらし)

ジャンル