top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

西野七瀬が世間知らずのお嬢様 中条あやみが役を奪われた女優 「ある閉ざされた雪の山荘で」ビジュアル

映画スクエア

 2024年1月12日より劇場公開される、東野圭吾の同名長編小説の映画化作「ある閉ざされた雪の山荘で」から、劇中に登場するくせ者ぞろいの劇団「水滸」のメンバーたちの新ビジュアルが公開された。

 ビジュアルは、主人公の久我和幸(重岡大毅)が山荘に持ち込んだ、劇団「水滸」の前回公演のパンフレットに掲載されている俳優たちの写真。華と実力を兼ね備えた劇団のトップ俳優・本多雄一(間宮祥太朗)、公演直前に役を奪われた経験を持つ悲運の女優・中西貴子(中条あやみ)、役でもプライベートでも強烈な存在感を放つクセあり怪優・田所義雄(岡山天音)、前回公演でヒロイン役を射止めたお嬢様女優・元村由梨江(西野七瀬)、役のためならなんでもすると意気込む超勝気な女優・笠原温子(堀田真由)、「努力した分だけ自分に返ってくる」と語る真面目で誰よりも優しい劇団リーダー・雨宮恭介(戸塚純貴)、そして、劇団の中でも圧倒的な演技力を持つ天才女優・麻倉雅美(森川葵)の姿が収められている。

 彼らは、山荘の中で4日間の共同生活を送りながら、密室空間で連続殺人事件が起こったという架空の想定のもと、主役の座を賭けた最終オーディションに挑むことになる。

 「ある閉ざされた雪の山荘で」は、登場人物が全員役者で、彼らが挑む新作舞台の主役の座をかけたオーディションの最終選考が、“大雪で外部との接触が断たれた山荘”という架空の密室空間で行われる設定の作品。劇団に所属する役者7人に届いた、4日間の合宿で行われる最終オーディションへの招待状。新作舞台の主演を争う最終選考で彼らが“演じる”シナリオは、「大雪で閉ざされた山荘」という架空のシチュエーションで起こる連続殺人事件だった。出口のない密室で一人、また一人とメンバーたちが消えていく。主演は、映画単独初主演となる重岡大毅。メガホンを取ったのは、「荒川アンダーザブリッジ」「ステップ」「ヒノマルソウル~舞台裏の英雄たち~」などの飯塚健監督。

【作品情報】
ある閉ざされた雪の山荘で
2024年1月12日、TOHOシネマズ 日比谷ほか全国ロードショー
配給:ハピネットファントム・スタジオ
©2024映画『ある閉ざされた雪の山荘で』製作委員会  ©東野圭吾/講談社

 
   

ランキング(映画)

ジャンル