top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

移動距離1万2千キロ 死と隣り合わせの脱北家族の旅にカメラが密着 「ビヨンド・ユートピア 脱北」予告

映画スクエア

 2024年1月12日より劇場公開される、2023年サンダンス映画祭でUSドキュメンタリー部門観客賞を受賞したドキュメンタリー映画「ビヨンド・ユートピア 脱北」の、予告編が公開された。

 予告編は、北朝鮮を脱出するも中国の山間部で立往生してしまった5人の家族から、キム牧師の携帯電話に助けを求める連絡が入る様子から始まる。家族の親族が韓国に逃れたことで、彼らにも嫌疑がかけられ、身の危険が迫っていたのだった。キム牧師の指揮のもと各所に点在する50人以上のブローカーが協力する決死の脱出作戦が始まる。キム牧師は、特に困難が予想される、3世代に渡る家族である彼らが1万2千キロの大移動を経て、真の意味で”脱北”を果たすまでの行程に同行することになる。この脱出作戦の一端が、映画の撮影クルーのみならず、道中をともにする協力者によって、携帯電話や隠しカメラで撮影されていく。

 暗闇の山中を何時間も歩き続ける中で一度通った山道をまた歩いていることに気づいた一行が、「同じ道を歩かせ金をせびる気だ」とブローカーの思惑に気づく場面などのスリリングな様子を生々しく捉え、家族がお互いを励まし助け合いながら、自由にたどり着くまでの道のりに密着していく。最後には、道中の隠れ家で撮影クルーによるインタビューに応じる家族の祖母が、「金正恩様は若いのに偉大で…」と答えていると、娘が「お母さん、もう本当の気持ちを言っていいのよ」と耳打ちする様子が切り取られている。

 「ビヨンド・ユートピア 脱北」は、祖国の北朝鮮を離れいくつもの国境や川、険しい山岳地帯を超えて危険な旅に乗り出す、2人の幼い子どもと80代の老婆を含む5人の家族を追った作品。この家族のために50人以上のブローカーが協力し、中国、ベトナム、ラオス、タイの4カ国を経由し、最終目的地である韓国を目指す、総移動距離1万2千キロメートルの決死の脱出作戦が捉えられている。監督は「シティ・オブ・ジョイ~世界を変える真実の声~」のマドレーヌ・ギャヴィン。2023年のサンダンス映画祭で、圧倒的な支持を得てUSドキュメンタリー部門の観客賞を受賞した。

【作品情報】
ビヨンド・ユートピア 脱北
2024年1月12日(金)TOHOシネマズ シャンテ、シネ・リーブル池袋ほか全国公開
配給:トランスフォーマー
© TGW7N, LLC 2023 All Rights Reserved

 
   

ランキング(映画)

ジャンル