top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

『ブギウギ』聴衆の涙を誘うスズ子の絶唱 戦争への憤りが込められた「大空の弟」

Real Sound

『ブギウギ』写真提供=NHK

 『ブギウギ』(NHK総合)第49話が放送された。茨田りつ子(菊地凛子)との合同コンサートでスズ子(趣里)が披露した歌は満場の聴衆の涙を誘った。

 参考:【写真】六郎(黒崎煌代)に向けて熱唱するスズ子(趣里)

 羽鳥(草彅剛)の呼びかけで実現した久しぶりのステージで、スズ子が1曲目に選んだのは新曲「大空の弟」だった。梅吉(柳葉敏郎)や観客が見守る中、二村(えなりかずき)が奏でるピアノのイントロに導かれるように、スズ子は思いを歌に託した。

<かねてより我らを苦しめた憎い顔した敵軍ども/ひごろ鍛えたこの腕で重い小銃抱え込み/がぁんと突撃しています/○○隊にて六郎より>

 戦地から届いた手紙をモチーフにした楽曲は、続いて日本で帰りを待つ姉の心情を綴る。軍事機密のため所属部隊や居場所を知らせる語句は「○○」と表記され、弟の行方を知ろうにも手がかりすらつかめない。家族の悲痛な心境を<○○○ではわからない>と表現した。

広告の後にも続きます

 声を震わせ、目に涙をためて天国の六郎(黒崎煌代)に届けとばかり熱唱するスズ子は、歌い終えて泣き崩れてしまう。羽鳥の一言で我に返り、客席に目をやると死んだはずの六郎がいた。ほほ笑む六郎を視界に認めたスズ子は、気力を振り絞ってマイクに向かう。そこには、喝采を浴びるいつもの福来スズ子がいた。

 “幻の曲”と呼ばれた「大空の弟」は2019年に楽譜が発見され、陽の目を見ることになったナンバーだ。ドラマ版で改変された歌詞は、一見すると愛国心を高揚させる戦時歌謡そのものである。しかし、丁寧に読み解いていくと、戦争によって引き裂かれた肉親の叫びが行間から浮かび上がる。

 好戦的な言い回しや国家総動員体制を称える歌詞は、当時は大まじめに受け取られるたぐいのものだったと思われるが、声高に訴えれば訴えるほどその異常さが際立つ。本心を明かすことさえはばかられる戦時下の重苦しい空気が、反語的な表現を通して伝わってきた。

 「大空の弟」は鎮魂の歌であると同時に、人間を道具にし、記号に変えてしまう権力の不条理を告発する。なぜ六郎が死ななければならないのか。理不尽な死を突きつける戦争への憤りと深い悲しみが肺腑をえぐった。

 筆舌に尽くしがたい絶望を味わいながらも、スズ子には音楽があって、ステージに立てなくなるほど打ちのめされたスズ子を救ったのも歌だった。りつ子が語ったように「歌うことは生きること」であり、非情な運命に抗う手段があるなら、スズ子にとってそれは歌うことだと知らせていた。

(文=石河コウヘイ)

 
   

ランキング(テレビ)

ジャンル