top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

白い衣装に身を包んだ間宮祥太朗らの姿が 『ある閉ざされた雪の山荘で』新ビジュアル

Real Sound

『ある閉ざされた雪の山荘で』©2024映画『ある閉ざされた雪の山荘で』製作委員会 ©東野圭吾/講談社

 2024年1月12日に公開される重岡大毅主演映画『ある閉ざされた雪の山荘で』の新ビジュアルと新場面写真が公開された。

 参考:【写真】ポーズを取る間宮祥太朗

 本作は、作家・東野圭吾が1992年に発表した長編小説を実写化するサスペンス映画。登場人物が全員役者で、彼らが挑む新作舞台の主役の座をかけたオーディションの最終選考が、“大雪で外部との接触が断たれた山荘”という架空の密室空間で行われる設定で展開される。『荒川アンダーザブリッジ』『ステップ』『ヒノマルソウル~舞台裏の英雄たち~』などの飯塚健が監督を務め、原作者の東野も「トリッキーな世界観を完璧に成立させている」と賞賛した。

 WEST.の重岡が主演を務め、オーディションに参加する俳優の7人の中で唯一、異なる劇団から参加した“部外者”の久我和幸を演じる。共演には、中条あやみ、岡山天音、西野七瀬、堀田真由、戸塚純貴、森川葵、間宮祥太朗が名を連ね、くせ者ぞろいの劇団「水滸」に所属する役者たちに扮した。

 劇団「水滸」は、その独特な演出方法によって演劇界に名を馳せる東郷陣平が主宰し、多くの舞台俳優たちが憧れる劇団。今回もその東郷の指示により、次回公演のオーディションという指示を受けて彼らは集められることになる。

広告の後にも続きます

 公開された新ビジュアルは、そんな劇団「水滸」に憧れるあまり、久我が山荘に持ち込んだ前回公演のパンフレットに掲載されている俳優たちの写真となっている。

 華と実力を兼ね備え、常に中心にいる劇団のトップ俳優・本多雄一(間宮祥太朗)、公演直前に役を奪われた経験を持つ悲運の俳優・中西貴子(中条あやみ)、役でもプライベートでも強烈な存在感を放ち、団員への恋愛感情をこじらせてもいるクセあり怪優・田所義雄(岡山天音)、「女優は私の天職」と語り、前回公演でヒロイン役を射止めたお嬢様俳優・元村由梨江(西野七瀬)、役のためならなんでもすると意気込む勝気な俳優・笠原温子(堀田真由)、「努力した分だけ自分に返ってくる」と語る真面目で誰よりも優しい劇団リーダー・雨宮恭介(戸塚純貴)、そして、劇団の中でも圧倒的な演技力を持つ天才俳優・麻倉雅美(森川葵)。山荘の中で4日間の共同生活を送りながら、密室空間で連続殺人事件が起こったという架空の想定の元、彼らはここで主役の座を賭けた最終オーディションに挑むことになる。

 ところが、翌朝実際にメンバーの一人が姿を消し行方不明に。「もしやこれは本当の“殺人事件”ではないのか?」と残されたメンバーたちが疑惑を抱き始めるが、お互いの行動や発言もまた“演技”なのかもしれないとなかなか本心を明かせない久我たち。それぞれの思惑が交錯し、やがて誰もが秘密にしていた劇団の過去が明らかになっていく。

 あわせて公開された場面写真には、山荘に集まった久我と劇団員たちの姿が切り取られている。

(文=リアルサウンド編集部)

 
   

ランキング(テレビ)

ジャンル