top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

漫画のヒロイン、なぜそんなことに……驚異の変貌を遂げてしまった“闇落ち”キャラといえば?

Real Sound

 物語の中心となるヒロインといえば、主人公と恋に落ちたり、一緒に戦ったり支えたりするのが一般的なイメージだ。『タッチ』の浅倉みなみ、『新世紀エヴァンゲリオン』の綾波レイなどは国民的ヒロインと言っても過言ではない。しかしそんなヒロインたちの中には、「どうしてそうなった?」と言いたくなるような闇落ちをしてしまったキャラもいる。そこで今回は、そんな驚異の変貌を遂げてしまった闇落ちヒロインたちを紹介していきたい。

見ていて辛い……闇落ちのヒロイン

 闇落ちしたヒロインとして有名なのは、『School Days』の桂言葉だ。言葉はおとなしい性格の美少女で、主人公・伊藤誠を一途に思うヒロインだった。闇落ちのきっかけは、誠を西園寺世界に奪われたこと。世界は言葉と誠の関係を取り持った人物だが、この寝取られがきっかけで言葉は精神崩壊してしまう。

 最終的には殺害された誠の遺体から頭部を切り離したうえに、誠を殺害した世界を殺害するという悲惨な事件を起こしてしまった。言葉についてはネット上でも「一途健気ヤンデレクイーン……」「誠は当然の報いだけどダークサイドの言葉が怖すぎる」などの声が上がっている。

 『ひぐらしのなく頃に』の園崎詩音も闇落ちヒロインの1人。目明し編では雛見沢症候群という極度の疑心暗鬼や被害妄想に陥る病気にかかってしまい、多くの惨劇を起こしてしまった。特に園崎家にある地下室のシーンでは、園崎家の人間や友人を次々と手にかけていった。特に沙都子を磔にして包丁を突き立てていくシーンは狂気そのものであり、多くの視聴者を戦慄させた。

闇落ちヒロインの共通点といえば?

 2022年に劇場大ヒットを記録した『ONE PIECE FILM RED』に登場したシャンクスの娘・ウタも闇落ちヒロインと言われている。シャンクスと音楽の島・エレジアで別れたウタは、自分を置いていったシャンクスや海賊を憎むようになる。そして自身の能力を駆使してウタは新時代を作ろうとするが、その計画もうまくいかなくなりウタは完全に闇落ちしてしまう。

広告の後にも続きます

  闇落ちヒロインの多くに共通するのがメンヘラであることだが、ウタはかなり高いと思われる。ネット上でも「ウタがメンヘラすぎて辛い」「自分の手で大量虐殺を引き起こしたことが、肉体を捨てた精神の救済の願望につながった」などの意見があがっていた。

  一方、それらを感じさせない闇落ちヒロインとしては『機動戦士Vガンダム』のカテジナ・ルースがあげられる。劇中での悪行からガンダム三大悪女の1人とも言われているカテジナ・ルースは、主人公・ウッソの初恋相手として登場。しかし敵であるクロノクルに誘拐されてそのまま敵側の一員となってしまった。

  誘拐されているので被害者ではあるが、その後敵側の理念に共感。逡巡なく主人公の強大な敵として立ちはだかったという点では、メンヘラ度自体は低いと思える。ある意味とても綺麗な闇落ちとも言えるだろう。

  ヒロインは物語には欠かせない存在だが、決して清廉潔白な存在ばかりというわけではない。色々なヒロインがいるからこそ、ヒロインという存在が逆に注目される。今ぜひヒロインたちの行動や心情に注目しながら様々な作品を楽しんでみてほしい。

 
   

ランキング

ジャンル