top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

やる気のない部下に囲まれ苦悩する上司 ぶれずに向き合い続けた末に若手の心が動いた【専門家が解説】

J-CASTニュース

上司の言葉がけひとつで、モチベーションが高まった経験はありませんか? 会社の中で実際に起きた困ったエピソード、感動的なエピソードを取り上げ、人材育成支援企業代表の前川孝雄さんが上司としてどうふるまうべきか――「上司力」を発揮するヒントを解説していきます。

前川さんは今回のエピソードを踏まえ、やる気のない部下を変えていく、優れた上司となるために「ポイントの1つ目は、信念をもって根気よく部下たちと向き合い続けること。2つ目は、組織の中で孤立しがちな上司だけに、励まし合える仲間の存在も必要」といいます――。

チームを束ねるマネジメントは、難易度が増している

上司がチームメンバーに対し、目標に向けて一丸となって取り組もうと呼びかけても、思うように動いてくれない。「笛吹けども踊らず」という状況下で、上司一人が孤軍奮闘している……。

私が営む会社が支援する企業でも、そうした事例は少なくありません。多様な個性や価値観をもつ部下や、勤務条件の異なる部下も増えるなか、チームを束ねるマネジメントはいっそう難易度が増しているといえるでしょう。

今回、そうした状況に直面し、自信を失いかけた上司が、苦しみもがいた末に見いだした「一筋の光」のエピソードを取り上げます。

広告の後にも続きます

私の会社が開講するアクション・ラーニング型の「上司力鍛錬ゼミ」でのこと。受講メンバーの1人に、ある中堅企業で営業所長を務める40代の男性Eさんがいました。Eさんはゼミ初回の自己紹介で、メンバーを前に自身の悩みを切々と吐露しました。

いわく、会社本部からは日々の営業数値を求められる中で、現場は冷めきってやる気のない部下に囲まれている。なかには同年代や年上の部下がいる一方、入社間もない若手や、パート社員などメンバーは多様。何から手を付けてよいかわからず、とても悩んでいるというのです。

「笛吹けども踊らず」メンバーからは「営業所長、また始まったよ」

そこで、ゼミでの学びをもとに、Eさんはさっそく、職場改革に取り組もうと、こんな行動計画を立てました。

まず、部下全員に組織ビジョンや仕事の目的を語りかけるとともに、1人ひとりとも面談を行う。そこでは「私たちは何のために働いているのか」「お客様のために何をどう頑張るべきか」対話を深める。部下全員に、仕事の意義を腹落ちしてもらい、やる気を出し、成長してほしい。

――Eさんの決意表明からは、その一心な気持ちがあらわれていました。

ところが、現実は机上のプランどおりにいかないもの。Eさんは部下1人ひとりと面談し、自分の問題意識を伝えて「一緒に考えよう」と促すものの、反応はいまひとつ。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング

ジャンル