top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

元阪神助っ人が韓国リーグ復帰へ 地元報道「まだKBOリーグで十分通用」

J-CASTニュース

プロ野球阪神でプレーしたメル・ロハス・ジュニア外野手(33)が韓国プロ野球(KBO)リーグのKTウィズに復帰することが濃厚となった。韓国スポーツメディア「スポーツ朝鮮」(WEB版)が2023年12月7日に報じた。

ドミニカ出身のロハス・ジュニアは米マイナーリーグから17年6月に韓国プロ野球リーグのKTウィズに移籍した。18年は144試合に出場し打率.305、43本塁打、114打点。20年には打率.349、47本塁打、135打点を記録し本塁打王、打点王のタイトルを獲得しシーズンMVPに輝いた。

阪神退団後はドミニカウインターリーグ、メキシカンリーグでプレー

韓国での活躍が評価され20年オフに阪神と2年契約を結び入団。シーズン序盤から調子が上がらず2軍落ちを経験するなど21年は60試合の出場に留まり打率.217、8本塁打、21打点に終わった。22年も力を発揮できず打率.224、9本塁打、27打点でオフに自由契約となった。

阪神退団後はドミニカウインターリーグ、メキシカンリーグでプレーしていた。

スポーツ朝鮮は「KTウィズの2024年シーズンの外国人打者はメル・ロハス・ジュニアになる見通しだ」と伝え、なぜKTウィズが再びロハス・ジュニアを獲得する必要があるのかを解説した。

「日本の野球に適応できなかったが…」

広告の後にも続きます

同メディアはロハス・ジュニアを「KTウィズが誕生させた最高外国人選手のひとり」と称して記事を展開した。「韓国野球に適応した18年シーズンからはモンスターのような力を発揮し、実力、ショーマンシップ、ファンサービスともに最高の選手だった」と称賛。そして「日本の野球に適応できなかったが野球に対する情熱を捨てなかった」とした。

KTウィズはリーグ2位でポストシーズンを勝ち抜き韓国シリーズ(日本シリーズに相当)に進出したがLGツインズに敗れた。来季、韓国シリーズ制覇を目指すにあたり、チームはかつてのMVP獲得に動いた。記事によると、スカウトが「打撃、外野守備はまだKBOリーグで十分に通じる」という決断を下したという。

韓国で4年プレーしたロハス・ジュニアの通算打率は.321、132本塁打、409打点。出塁率と長打率を合わせたOPSは.982だった。

 
   

ランキング

ジャンル